プロフィール
プロフィール
杉山知之
デジタルハリウッド 学長
デジタルハリウッド大学 学長
デジタルハリウッド大学院 学長
工学博士
1954年東京都生まれ。
1979年、日本大学大学院理工学研究科修了後、日本大学理工学部助手。87年より、MITメディア・ラボ客員研究員として3年間活動。90年、国際メディア研究財団・主任研究員、93年、日本大学短期大学部専任講師を経て、94年10月、デジタルハリウッド設立。以来、クリエイターの育成、インターネットビジネスの発展に力を注いでいる。
 デジハリ創立10周年となる2004年、開校当初からの念願であった、デジタルコンテンツ専門の「デジタルハリウッド大学院」を開学。同年11月、IT×英語&留学×クリエイティブを学ぶ「デジタルハリウッド大学」が文部科学省認可。学長に就任。2005年4月開学。2008年10月、「コンテンツ学会」副会長に就任。
【委員】
デジタルラジオ推進協会・番組審議会委員 その他、CG-ARTS協会、デジタルコンテンツ協会などの委員を歴任。
NPO法人 エコロジー・カフェ理事、NPO法人 VIPO(映像産業振興機構)理事。
福岡コンテンツ産業拠点推進会議、マルチメディア放送ビジネスフォーラム、メタバース協会の会長、コンテンツ学会の副会長を務める。
また、毎年、多くのデジタルコンテンツのコンテストの審査員を務めている。
【著書】
「デジタル書斎の知的活用術」(岩波アクティブ新書)
「ポストITは日本が勝つ!」(アスキー出版)
「デジタル・ストリーム・未来のリ・デザイニング」(NTT出版)
「クール・ジャパン 世界が買いたがる日本」(祥伝社)
「クリエイター・スピリットとは何か?」(ちくまプリマー新書)
What's DIGITFUL WORLD
DIGITFUL WORLDとは
DIGITFUL WORLD
音楽がCDになった1982年、人はすべての表現がデジタル化することを進歩とした。 1983年、ファミコンは、コンピュータゲームの飛躍的発展を約束した。 本をCD-ROMしようとしたとき、世界にたくさんのデジタルツールが出現した。 CGは、ビジュアル表現に革命を起こし、映画をアニメを変化させた。 1994年PlayStationは、すべてのゲームを3Dへと導いた。 1995年、インターネットは突如、人々の生活空間とリンクした。
PCのスピードと容量の飛躍的な増大は、写真も映画もあらゆる映像をデジタルで扱うことを当たり前にした。20世紀のメディアの覇者テレビは、それでも最期までアナログだった。しかし2011年、アナログ電波は停止する。人の持つ主要メディアがデジタルになった。これがゴールだったのだろうか?
21世紀、ぼくたちは街で生活をする。デジタル情報はぼくの目には見えない。飛び交うケータイのデジタル情報、GPS信号、商品につけられた電子タグ、街はデジタルで溢れている。その中をぼくは歩く。無数の監視カメラがぼくを捉え、デジタル映像として、ハードディスクに書き込んでいく。一度システムがスタートしてしまえば、人が関わらずともデジタル化は進む。
主要なメディアがデジタルとなり、人の動きもモノの動きもデジタル化できた。しかし、みんなバラバラで、繋がっていない。デジタル化することがゴールじゃない! デジタル化されたからこそ、すべてを有機的にリンクすることが始められるのだ!デジタルコミュニケーションが爆発する世界が見えている。
そう、この世界を、ぼくは、「DIGITFUL WORLD」と呼びたい!今、やっとスタート地点に近づいている。デジタルが本当に人類に役に立つのは、これからなのだ。
DIGITFUL WORLDは、
knowledgeful, useful, wonderful, beautiful, powerful,
そしてsoulful!
知恵を出すときだ!
より良い人類として地球に存在するために!
DIGITAL HOLLYWOOD
デジタルハリウッド
デジタルハリウッド
日本初の産学協同クリエイター養成スクール。つねに最新の産業界のニーズをキャッチし、カリキュラムに反映。現在、卒業生は4万人以上。ゲーム、映画、CG映像、WEBデザイン、ネットビジネスなど様々なコンテンツ産業で働くデジタルクリエイターを数多く輩出しています。
デジタルハリウッド
デジタルハリウッド大学
IT×英語&留学×クリエイティブを徹底習得。Web、TV、ゲーム、アニメ、映画、出版、音楽、ラジオの業界で国際的に活躍する人材育成を目指す4年制大学。2005年4月開学。
デジタルハリウッド大学
デジタルハリウッド大学院
業界が生み出す日本唯一のデジタルコンテンツの最高学府となる専門職大学院として、2004年4月に開学。ITとコンテンツの融合が進む、ブロードバンド・ユビキタス社会において、グローバルなフィールドで真価を発揮できる人材育成を主眼としています。
デジタルハリウッド大学院
デジハリ・オンラインスクール(通信講座)
「デジハリ・オンラインスクール」は、グラフィック・DTP・Webデザインを学習いただけるeラーニング/通信講座をご提供しています。スクールに通うことなくインターネットを通じて、教室の授業を自宅で受講!好きな場所から臨場感たっぷりの授業をリアルタイムに受講することができます。
オンラインスクール(通信講座)

November 01, 2004

ユートピアへ行った!

Click!
ぼくは、1年中、ほとんどの土日が仕事が入っているので、基本、月曜日がオフの日になっている。ということで、今日は少しだけ働くことにする。

お昼に東京校に出て、メールチェック。午後1時から3時まで、大学設立関係の会議。いよいよ、詳細の詰めになってきているのだが、まだまだ、後から提出しなければならない予算措置などの数字の根拠など、実際に見積もりがいるのだ。これは算出根拠として、当然なので、まったく前向きにやっているのだが、大学を一つ新しく設立しようというわけだから、いろいろな業者の方から見積もりをいただかなければならず、作業量はなかなかのものというわけだ。

さて、ここからはオフモードの話。とてもオーディオマニアの話なので、興味無い方は、飛ばされたほうが良いだろう。

ぼくは、2年ほど前、久し振りに自分の納得いくスピーカーシステムを組もうと決意。もちろん、とりあえず音マニアなので、単に売っている高級スピーカーを選らんで買うなんていう気持ちは、もともと無い。

まずは、好きなJBLのユニットを集めていくことから始まる。当然、集めるのは、70年代までのアルニコ磁石のユニットである。幸い、お茶の水には、オーディオユニオンがある。ここに中古ハイエンドオーディオのフロアがあり、時々、見に行っては、ユニットが出ていて、状態が良いものであれば、その場で押える。ユニット単体で出ることは、けっこう少なくて、もちろん、週に一度、ランチの帰りに覗く程度なので、まさに巡り合い。

今回、最初は、ぼくに言わせると小型、今の常識では中型ぐらいのスピーカーを組もうと2WAYで考えた。まず、手に入ったのが、ドライバーのLE85、なんとオリジナルの箱付き。もちろんLE85には、ホーンが必要なのだが、HL92が出てきた。これは山水が輸入していた頃のもので、山水のテープが貼ってある箱が付いてきた。HL92は、プラスチックの音響レンズが付いているのだが、これが綺麗な中古は、なかなか無いのだ。

そして1年ほど前に手に入れたのが、38cmウーハーの130A。実は、25年前に組んだ時の136Aも2本持っているのだが、これは東京校のセミナールームで鳴っているのだ。これで、2WAYのシステムは組めるということで、インターネットで探して、JBLの往年のネットワークLX80を手に入れて、これで、ついに箱を探す段階になった。

そこで、びっくりすることに、日本からスピーカーエンクロージャーのメーカーが、ほとんど消えていたことに気付く。その昔は、独自でスピーカーの箱だけ作って、普通にオーディオ店に卸しているメーカーが、かるく数百はあったのだが。そして、ぼくが、ここなら、良さそうだと思ったのが、横浜にあるユートピアだった。ということで、しばらくは、オーディオ店などで、ユートピアの製品を見つけ、その仕上げの良さに感心。

その間に、近頃の24bit192KHzなんていう、CDをはるかに上回るデジタルフォーマットに対応しようという気になり、ここで3WAYに変更。これも、なかなか出ないツイーター077を手に入れる。さて、3WAYになると、実際、3つの周波数帯域に分ける2つのネットワークが必要になり、このへんの音の劣化は、かなり気になる。ということで、さらに計画はアップグレードして、なんと3WAYを、ぜんぶバラバラのマルチチャンネルでやることに決断。これって、つまりパワーアンプが、6つ必要になるわけだ。

これについては、アキュフェーズに5.1チャンネルでも、ある程度、良いパワーアンプを求める層を対象に、なんと一つの筐体に6つのパワーアンプが入っている、PX-600というモデルがあって、この中古を探すことにした。ぼくは、昔からアンプ類は、中古を買う。何故かと言えば、オーディオ製品全体に言えることだが、製品が発表されて数年で、評価が落ち着く。評判の良いものは、ある程度、個数が出る。するとしばらくして、程度の良い中古も出てくるのだ。ということで、評価の高い機材が、手が届く値段で出てくるというわけだ。また中古価格は、ちょっと筐体に傷があったりすると、ちゃんと安くなるのだけど、そんなこと、ぜんぜん音に関係ないわけで、ぼくは気にしないほうなのだ。

そして、オーディオユニオンに出たPX-600を、数日前、押さえた。これから、マルチのためにチャンネルデバイダーの出物を待つわけだが、いよいよ、機が熟してきたので、今日は、横浜のユートピアを訪ねたのだ。

午後4時に着いたら、前川克行社長(写真)が待っていて、直接、いろいろ教えてくれた。1階の手前は事務所なのだが、その裏は、町工場という感じで、かなり高度のメンテナンスができる状況。2階は、倉庫なのだが、信じられないような50年代あたりからのビンテージスピーカーユニットが、棚に大量に並べてあった。最近もアメリカから、どんどん入ってくると言う。さらに良くみれば、名真空管アンプも、ゴロゴロしている。凄すぎる。

3階の試聴室(写真Click!)で、前川社長の35年のキャリアから得たスピーカーエンクロージャーに関する哲学みたいなものをお聞きしながら、いろいろなタイプの箱を聴く。横には、ワシントンの富豪が亡くなってオークションにかけられたという純白に金の縁取りがあって足などがロココ調になっているJBLパラゴンがあった。この音も聞かせていただいた。

その後、さらに奥に積み上げられている数々のビンテージスピーカーシステムを見る。タンノイ、JBLの初期のシステムはもちろん、なんと50年代にALTECが最初に発売したというスピーカーシステムまであった。こんなに凄いものがあるのに、なんか売りたいという様子が感じられないのも凄い。いやはや、あるところには、あるのだなと。ビンテージをオリジナルのまま欲しいという方、早く譲ってきてもらったほうが良い。

ぼくは、ぜんぜんオリジナル派では無いので、前川社長が考案した箱に、どのように、ぼくが好きなスピーカーユニットを取り付けるかとか、まずは第一段階の相談をして帰ってきたのだった。まさに、ユートピアに行った感じだった。

午後6時半に東京校に戻り、普通に仕事。今日は早めに帰れそうだ。



この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック
8月27日に関西ベンチャー学会の例会でBLOGの活用について聞いてからはや2ヶ月
BLOGって結構奥が深いね! 【 人生のマトリックス  その他社会関連 編 】at November 02, 2004 10:33
この記事へのコメント
オーディオ機器は程度のよい中古のほうがエージングできていて調子いいんでしょうか?
記事読んでいたら、中古アンプ買ってコンデンサ交換して遊びたくなりました・・・苦笑。
Posted by かおる at November 02, 2004 13:16
コンデンサを換えて音質の違いを楽しめるというレベルの方なら、もちろん、中古市場は、とても楽しいですよね。

中古のほうが、エージングできていて調子がいいかどうか、もちろん、一概には言えませんが、要は、メンテナンスと調整ですよね。

たとえば、ぼくが世話しているギターアンプは、一番、新しいものでも、22年前のものですが、間違いなく新品で売り出された時より、イイ音が出ていると思います。古い機材の良いところは、直せるということだと感じます。
Posted by sugiyama-style at November 02, 2004 14:39