プロフィール
プロフィール
杉山知之
デジタルハリウッド 学長
デジタルハリウッド大学 学長
デジタルハリウッド大学院 学長
工学博士
1954年東京都生まれ。
1979年、日本大学大学院理工学研究科修了後、日本大学理工学部助手。87年より、MITメディア・ラボ客員研究員として3年間活動。90年、国際メディア研究財団・主任研究員、93年、日本大学短期大学部専任講師を経て、94年10月、デジタルハリウッド設立。以来、クリエイターの育成、インターネットビジネスの発展に力を注いでいる。
 デジハリ創立10周年となる2004年、開校当初からの念願であった、デジタルコンテンツ専門の「デジタルハリウッド大学院」を開学。同年11月、IT×英語&留学×クリエイティブを学ぶ「デジタルハリウッド大学」が文部科学省認可。学長に就任。2005年4月開学。2008年10月、「コンテンツ学会」副会長に就任。
【委員】
デジタルラジオ推進協会・番組審議会委員 その他、CG-ARTS協会、デジタルコンテンツ協会などの委員を歴任。
NPO法人 エコロジー・カフェ理事、NPO法人 VIPO(映像産業振興機構)理事。
福岡コンテンツ産業拠点推進会議、マルチメディア放送ビジネスフォーラム、メタバース協会の会長、コンテンツ学会の副会長を務める。
また、毎年、多くのデジタルコンテンツのコンテストの審査員を務めている。
【著書】
「デジタル書斎の知的活用術」(岩波アクティブ新書)
「ポストITは日本が勝つ!」(アスキー出版)
「デジタル・ストリーム・未来のリ・デザイニング」(NTT出版)
「クール・ジャパン 世界が買いたがる日本」(祥伝社)
「クリエイター・スピリットとは何か?」(ちくまプリマー新書)
What's DIGITFUL WORLD
DIGITFUL WORLDとは
DIGITFUL WORLD
音楽がCDになった1982年、人はすべての表現がデジタル化することを進歩とした。 1983年、ファミコンは、コンピュータゲームの飛躍的発展を約束した。 本をCD-ROMしようとしたとき、世界にたくさんのデジタルツールが出現した。 CGは、ビジュアル表現に革命を起こし、映画をアニメを変化させた。 1994年PlayStationは、すべてのゲームを3Dへと導いた。 1995年、インターネットは突如、人々の生活空間とリンクした。
PCのスピードと容量の飛躍的な増大は、写真も映画もあらゆる映像をデジタルで扱うことを当たり前にした。20世紀のメディアの覇者テレビは、それでも最期までアナログだった。しかし2011年、アナログ電波は停止する。人の持つ主要メディアがデジタルになった。これがゴールだったのだろうか?
21世紀、ぼくたちは街で生活をする。デジタル情報はぼくの目には見えない。飛び交うケータイのデジタル情報、GPS信号、商品につけられた電子タグ、街はデジタルで溢れている。その中をぼくは歩く。無数の監視カメラがぼくを捉え、デジタル映像として、ハードディスクに書き込んでいく。一度システムがスタートしてしまえば、人が関わらずともデジタル化は進む。
主要なメディアがデジタルとなり、人の動きもモノの動きもデジタル化できた。しかし、みんなバラバラで、繋がっていない。デジタル化することがゴールじゃない! デジタル化されたからこそ、すべてを有機的にリンクすることが始められるのだ!デジタルコミュニケーションが爆発する世界が見えている。
そう、この世界を、ぼくは、「DIGITFUL WORLD」と呼びたい!今、やっとスタート地点に近づいている。デジタルが本当に人類に役に立つのは、これからなのだ。
DIGITFUL WORLDは、
knowledgeful, useful, wonderful, beautiful, powerful,
そしてsoulful!
知恵を出すときだ!
より良い人類として地球に存在するために!
DIGITAL HOLLYWOOD
デジタルハリウッド
デジタルハリウッド
日本初の産学協同クリエイター養成スクール。つねに最新の産業界のニーズをキャッチし、カリキュラムに反映。現在、卒業生は4万人以上。ゲーム、映画、CG映像、WEBデザイン、ネットビジネスなど様々なコンテンツ産業で働くデジタルクリエイターを数多く輩出しています。
デジタルハリウッド
デジタルハリウッド大学
IT×英語&留学×クリエイティブを徹底習得。Web、TV、ゲーム、アニメ、映画、出版、音楽、ラジオの業界で国際的に活躍する人材育成を目指す4年制大学。2005年4月開学。
デジタルハリウッド大学
デジタルハリウッド大学院
業界が生み出す日本唯一のデジタルコンテンツの最高学府となる専門職大学院として、2004年4月に開学。ITとコンテンツの融合が進む、ブロードバンド・ユビキタス社会において、グローバルなフィールドで真価を発揮できる人材育成を主眼としています。
デジタルハリウッド大学院
デジハリ・オンラインスクール(通信講座)
「デジハリ・オンラインスクール」は、グラフィック・DTP・Webデザインを学習いただけるeラーニング/通信講座をご提供しています。スクールに通うことなくインターネットを通じて、教室の授業を自宅で受講!好きな場所から臨場感たっぷりの授業をリアルタイムに受講することができます。
オンラインスクール(通信講座)

October 03, 2004

デジタルハリウッド設立10周年・秋本科入学式とイベント

Click!
お陰さまで、デジタルハリウッドは設立10周年となった。10年前、ぼくたちが集めた資金で買えたのは、Mac25台。講師が1台使うので、受講生が使うのは24台。開講したのは、2クラス。集まった50人弱の受講生の90%が女性。そして、その方たちの平均年齢は29歳だった。

そのことから、主に社会人の方々が集まる学校として、デジハリは成長した。これまでの卒業生は、3万人を超え、平均年齢は26歳。男性と女性の比率は、少し男性が多くなった。多くの卒業生が、コンテンツ産業の第一線にいることは、みなさんもよくご存知のところ。今後も、よろしくお願いします。

午前11時、東京校のセミナールームで、秋本科の入学式を行い、ぼくも挨拶させてもらった。た。ちょっと厳しい言い方となったが、1年間、これまでの友人に付き合いが悪くなったと言われても、ストイックに勉強して欲しいとお願いした。

午後1時からは、現本科生による夏の中間課題の優秀作品発表会(写真Click!)を中心とするイベントが始まった。まあ、秋の文化祭という感じだ。3階セミナールームは、カフェとなり、夕方からは、「裏」優秀作品発表会(写真)。この出し物は、凄く面白かった。

この間、700本ものテレビドラマの監督やプロデュースをした高橋勝さんが、SOHO支援をやっている齋藤裕美さんと、デジハリの見学にいらした。高橋さんが初期に、監督したものでは、「浮世絵、女ねずみ小僧」(小川真由美さんが、恰好良かった!)、「ウルトラマンタロウ」とかがあり、それ以来、ずっと現役でやってこられたわけで、ハリウッドとの人脈も素晴らしい。ビバリーヒルズにもお家を持っていらっしゃるとのこと。お二人は、今、かなり大仕掛けな事を計画されていて、いろいろお話をうかがったのだった。

午後6時すぎ、NEXUS NITE。セミナールームでは、今晩のフジテレビのEZ!TVで、オープニングのニュース映像の繋ぎに採用されることになる数秒のCGアニメーションの候補作品を、みんなで見た。OJTとして良い作品ができたと思う。

午後7時からは、大学設立申請関係の会議。明日、文部科学省から、視察が入るので、説明用の資料の内容を確認した。午後8時半、今日のイベントClick Festaが終わり、最期に挨拶がわりに、小倉以索先生の研究生時代のCG作品を、みんなで見て笑って終わる。

この後、明日の大学院シンポジウムのために、大学院生たちとスタッフが、セミナールームのセッティングを開始。いやはや、デジハリって、ほんと休まない止まらない。感傷に浸る間がない、ぼくのデジハリ10周年・設立記念日だった。卒業生や関係者の方、ぜひ、コメントなどください!!

午前1時、家に戻り、録画していたEZ!TVを見る。番組の最後のコーナーで、今回の番組とデジハリ受講生たちのコラボレーションの様子が放映された。26作品も採用されたとのこと、これから毎週、EZ!TVのオープニングが楽しみだ!



この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック
クリエイターのリストサイト“パトロン”にアクセスしてみました。 RONDO BE...
ブログのデザイン 【 bitcade 】at October 04, 2004 03:36
この記事へのコメント
デジタルハリウッド設立10周年おめでとうございます。

私は99年に東京校で総合ProコースWebクリエーター専攻課程を受講し修了いたしました。現在は本業でサラリーマンをやりながら週末起業というワークスタイルでWebデザイン(主にブログサイト構築)をやっております。

本科生ではありませんでしたが、デジハリに通学していた当時の6ヶ月間はとても刺激的な日々で楽しかったことを思い出します。

貴校の益々のご発展お祈りしております。

Posted by 原田弘樹(W29B008) at October 04, 2004 03:35
杉山先生こんにちわ。
この度はデジタルハリウッド設立10周年おめでとうございます。

2004年度春本科CG/Bクラス、デジハリ学園祭「Click Festa」実行委員長の高玉です。

昨日はお忙しいところ会場の方に何度も足を運んでいただき、ありがとうございました。
杉山先生の沢山の御協力のお陰で、無事にこの10周年記念イベントを成功させる事ができました。
重ね重ね御礼申し上げます。

昨晩杉山先生が最後の挨拶で言われていた通り、この10周年はあくまで通過点として考え、僕達もデジタルコンテンツ業界の第一線で活躍できるように頑張りたいと思っております。

どうぞこれからも宜しくお願い致します。
Posted by 高玉亮 at October 04, 2004 09:46
これからもEZTV楽しみですねぇ〜
Posted by 56 at October 04, 2004 12:56
杉山先生、とうとう10周年ですね。
おめでとうございます。
本当に「止まってしまうと死んでしまう」ような会社ですが
もう昔みたいに電池は新しくないんですからちゃんと
充分に毎日充電して下さいね。

DHを辞めてからもう4年以上がたってしまうので
どんどん遠くにいってしまうような気がします。
それでも私の人生の中で杉山先生やいろいろな方々と
お会いでき、たくさんの事を経験できたのは本当に財産
だと思っております。一味違った専業主婦のママさんに
なれたのもそのおかげですよ。

ez!tvはごめんなさい。見逃しちゃいました。
来週チェックしてみます。

それにしても遅ればせながらここの書き込みを
今日やっと知りました。
これから何かあれば書き込みますね。

なおす(^o^)
Posted by 四戸岸直子 at October 04, 2004 21:38
杉山先生、DH10周年本当におめでとうございます。

昨朝、こちらのメッセージを拝見して、自分のこれまでを
いろいろ振り返りながら昨日一日を過ごしました。
私がDHのスタッフとしてお世話になったのは1996年の夏から
2000年の夏の4年間。淡路町のビル→杏雲ビル→2001Bldg.
と引越ししながら、急成長していった激動の時代でしたね。
DHはいつの時代を切り取っても激動のようですけれども。。。

何のキャリアもない私を拾ってくださって、天職と思える
仕事に携わらせていただいたこと、心から感謝しています。
今春突然おじゃました折りにお話させていただいたとおり、
現在は転職活動をされている方々のキャリア支援に従事して
います。これからもより専門的な知識・スキルを修得しつつ、
仕事の原動力である「この人を精一杯支援してあげたい」と
いうシンプルな気持ちを大切に、社会と関わっていけたらな
と思います。

DHを巣立った元スタッフの皆さんも多方面でご活躍のようす。
DHスタッフの括りで人を集めても、そこにはハリウッドが形成
されるのではないかしら。私もいつかその一員となれるように、
日々精進してまいります。

杉山先生の日記はいつも楽しく拝見しています。日々お忙しく
お過ごしのようですが、健康には十分気をつけてくださいね。
今後もますますのご活躍を心よりお祈りしております。

p.s.
久々、なおすさんの声が聞けて驚いてしまいました。
杉山先生&なおすさん、名コンビでしたね。(^^
ちなみに相変わらずうちにはTVがなく、ez!tvは見られませんでした。
Posted by 林真理子 at October 04, 2004 23:38