プロフィール
プロフィール
杉山知之
デジタルハリウッド 学長
デジタルハリウッド大学 学長
デジタルハリウッド大学院 学長
工学博士
1954年東京都生まれ。
1979年、日本大学大学院理工学研究科修了後、日本大学理工学部助手。87年より、MITメディア・ラボ客員研究員として3年間活動。90年、国際メディア研究財団・主任研究員、93年、日本大学短期大学部専任講師を経て、94年10月、デジタルハリウッド設立。以来、クリエイターの育成、インターネットビジネスの発展に力を注いでいる。
 デジハリ創立10周年となる2004年、開校当初からの念願であった、デジタルコンテンツ専門の「デジタルハリウッド大学院」を開学。同年11月、IT×英語&留学×クリエイティブを学ぶ「デジタルハリウッド大学」が文部科学省認可。学長に就任。2005年4月開学。2008年10月、「コンテンツ学会」副会長に就任。
【委員】
デジタルラジオ推進協会・番組審議会委員 その他、CG-ARTS協会、デジタルコンテンツ協会などの委員を歴任。
NPO法人 エコロジー・カフェ理事、NPO法人 VIPO(映像産業振興機構)理事。
福岡コンテンツ産業拠点推進会議、マルチメディア放送ビジネスフォーラム、メタバース協会の会長、コンテンツ学会の副会長を務める。
また、毎年、多くのデジタルコンテンツのコンテストの審査員を務めている。
【著書】
「デジタル書斎の知的活用術」(岩波アクティブ新書)
「ポストITは日本が勝つ!」(アスキー出版)
「デジタル・ストリーム・未来のリ・デザイニング」(NTT出版)
「クール・ジャパン 世界が買いたがる日本」(祥伝社)
「クリエイター・スピリットとは何か?」(ちくまプリマー新書)
What's DIGITFUL WORLD
DIGITFUL WORLDとは
DIGITFUL WORLD
音楽がCDになった1982年、人はすべての表現がデジタル化することを進歩とした。 1983年、ファミコンは、コンピュータゲームの飛躍的発展を約束した。 本をCD-ROMしようとしたとき、世界にたくさんのデジタルツールが出現した。 CGは、ビジュアル表現に革命を起こし、映画をアニメを変化させた。 1994年PlayStationは、すべてのゲームを3Dへと導いた。 1995年、インターネットは突如、人々の生活空間とリンクした。
PCのスピードと容量の飛躍的な増大は、写真も映画もあらゆる映像をデジタルで扱うことを当たり前にした。20世紀のメディアの覇者テレビは、それでも最期までアナログだった。しかし2011年、アナログ電波は停止する。人の持つ主要メディアがデジタルになった。これがゴールだったのだろうか?
21世紀、ぼくたちは街で生活をする。デジタル情報はぼくの目には見えない。飛び交うケータイのデジタル情報、GPS信号、商品につけられた電子タグ、街はデジタルで溢れている。その中をぼくは歩く。無数の監視カメラがぼくを捉え、デジタル映像として、ハードディスクに書き込んでいく。一度システムがスタートしてしまえば、人が関わらずともデジタル化は進む。
主要なメディアがデジタルとなり、人の動きもモノの動きもデジタル化できた。しかし、みんなバラバラで、繋がっていない。デジタル化することがゴールじゃない! デジタル化されたからこそ、すべてを有機的にリンクすることが始められるのだ!デジタルコミュニケーションが爆発する世界が見えている。
そう、この世界を、ぼくは、「DIGITFUL WORLD」と呼びたい!今、やっとスタート地点に近づいている。デジタルが本当に人類に役に立つのは、これからなのだ。
DIGITFUL WORLDは、
knowledgeful, useful, wonderful, beautiful, powerful,
そしてsoulful!
知恵を出すときだ!
より良い人類として地球に存在するために!
DIGITAL HOLLYWOOD
デジタルハリウッド
デジタルハリウッド
日本初の産学協同クリエイター養成スクール。つねに最新の産業界のニーズをキャッチし、カリキュラムに反映。現在、卒業生は4万人以上。ゲーム、映画、CG映像、WEBデザイン、ネットビジネスなど様々なコンテンツ産業で働くデジタルクリエイターを数多く輩出しています。
デジタルハリウッド
デジタルハリウッド大学
IT×英語&留学×クリエイティブを徹底習得。Web、TV、ゲーム、アニメ、映画、出版、音楽、ラジオの業界で国際的に活躍する人材育成を目指す4年制大学。2005年4月開学。
デジタルハリウッド大学
デジタルハリウッド大学院
業界が生み出す日本唯一のデジタルコンテンツの最高学府となる専門職大学院として、2004年4月に開学。ITとコンテンツの融合が進む、ブロードバンド・ユビキタス社会において、グローバルなフィールドで真価を発揮できる人材育成を主眼としています。
デジタルハリウッド大学院
デジハリ・オンラインスクール(通信講座)
「デジハリ・オンラインスクール」は、グラフィック・DTP・Webデザインを学習いただけるeラーニング/通信講座をご提供しています。スクールに通うことなくインターネットを通じて、教室の授業を自宅で受講!好きな場所から臨場感たっぷりの授業をリアルタイムに受講することができます。
オンラインスクール(通信講座)

November 05, 2010

新カリキュラムの講師・TAへの説明会

Click!
午前中、マンションに「光フレッツ」が来たということで、その工事。しかし、マンション内の配管と、現在電話線が出ているコンセントが、うまく繋がらず,結局、リスケジュールとなってしまった。

これまで、一番最初に高円寺近辺に来たUSENの光と契約していたのだが、マンション内は銅線の配線となることも原因のひとつなのだろうが、スピードが落ちていたのだ。もちろんエラー発生も多くなり、大きなファイルのダウンロードなど、途中で止まることも多くなっていたのだ。

光フレッツは、部屋まで光ケーブルのまま配線されるとのことで乗り換えることにした。ちょっと前までは、曲げに弱かったためマンション内の既存の配管では敷設が不可能だったのだが、今は材料が改良され、わりと自由に通すことができるようになったわけだ。

ということで、開通せずのまま、秋葉原のオフィスへ。午後1時半、日本WEBデザイナーズ協会(JWDA)のコンテストについて、JWDAの小林さんと米田さんと今年の改善について、いろいろアイデアを出し合った。今年は、さらに良いコンテストになりそうだ。

午後2時半からは、FM東京の増山さん、高浪さんらと「マルチメディアコンテンツアワード」の応募作品の内容確認と、プリ審査を開始。

企画書は、パワーポイントのプレゼンで何ページにも及ぶ大作から、一枚のものまで、いろいろ。じっくり内容を読ませていただいた。

映像部門は、家庭にあるマルチメディア放送の受信端末のひとつとなるフォトフレームに流れるという想定でのもの。事務局としても、まだ無いものが、どのように家庭で使われるのか想像しながらのプリ審査となった。そう考えると、通常の映像コンテストとは異なる視点が出てきた。

月曜日の本審査に向けて、順調に事は進み、午後6時半に終了することができたのだった。

午後7時、御茶ノ水の東京本校のセミナールームへ滑り込む。今日は、専門スクールの『新カリキュラム 講師・TA向け説明会』なのだ。

2011年4月から、15年ほどマイナーチェンジの積み重ねでやってきた専門スクールの教育カリキュラムを大幅に変更することにしたのだ。そのために講師とTAの方々に、何故、そのような改変が必要となったかを説明する会ということで集まっていただいたのだ(写真Click!)。

最初にぼくから経緯について説明。ぼくとしては、変革というより、建学の精神に則ってカリキュラムを見直したら、今回のようになるのが自然という感覚。

デジタルハリウッド設立は1994年10月。そのときは、デジタルクリエーターなる職業は無かったも同然だった。

それから16年、ICTの信じられないほどの技術革新と、デジタル表現ツールの急速な進歩により、プロフェッショナルたちの表現能力は、まさに飛躍的に高まっていったのである。

本物のプロの端くれになるために、身につけるべきことは、15年前とは比べ物にならないものになったわけだ。

それに対応していくためには、2年制というコースをメインに置くことにしたのだ。20歳以上という受験資格で、大学生のダブルスクールも可能とした。美術系大学の方々には、すでに十分にデザイン基礎を研鑽されているという解釈で1年コースも用意した。

ツールの使い方は、オンデマンドなど個人の進捗に合わせた学習を可能として、より本質的に表現を深めていこうというコンセプト。これは、講師の方々も、その方向に行きたかったというカリキュラムなのである。

このカリキュラムのコンセプト作りの中心となったのが、デジタルハリウッド大学院の立ち上げも行った齋藤知也ジェネラルマネージャー(写真)。ぼくとはツーカーというベテランスタッフ、ということで大学院での経験が生きたカリキュラム構成となったのだ。

すでに新カリキュラムの「デジタルハリウッドスクールサイト」もオープンしている。新しい「本科」のカラーはシアン。美しいブルー色に、僕たちの思いを託したのだ。

説明会が終わり、そのままセミナールームで講師とTAの皆さんと懇親会。照明が付いて、つくづく皆さんの顔みると、改めて卒業生たちが多いことに気がつく。多くの先生たちは40代になって、それぞれ業界のリーダー格として仕事しながら、母校で教えてくれているのだ。

スクール業界に詳しい児玉マネージャーによれば、こういう学校は多く無いとのこと。デジタルハリウッドに思い入れを持って教えてくれるということが、大きな財産というわけだ。まさに卒業生と共に創ってきたのが、デジタルハリウッドというわけだね。

午後10時過ぎ、懇親会が解散となり、ぼくも本日終了。


この記事へのトラックバックURL