プロフィール
プロフィール
杉山知之
デジタルハリウッド 学長
デジタルハリウッド大学 学長
デジタルハリウッド大学院 学長
工学博士
1954年東京都生まれ。
1979年、日本大学大学院理工学研究科修了後、日本大学理工学部助手。87年より、MITメディア・ラボ客員研究員として3年間活動。90年、国際メディア研究財団・主任研究員、93年、日本大学短期大学部専任講師を経て、94年10月、デジタルハリウッド設立。以来、クリエイターの育成、インターネットビジネスの発展に力を注いでいる。
 デジハリ創立10周年となる2004年、開校当初からの念願であった、デジタルコンテンツ専門の「デジタルハリウッド大学院」を開学。同年11月、IT×英語&留学×クリエイティブを学ぶ「デジタルハリウッド大学」が文部科学省認可。学長に就任。2005年4月開学。2008年10月、「コンテンツ学会」副会長に就任。
【委員】
デジタルラジオ推進協会・番組審議会委員 その他、CG-ARTS協会、デジタルコンテンツ協会などの委員を歴任。
NPO法人 エコロジー・カフェ理事、NPO法人 VIPO(映像産業振興機構)理事。
福岡コンテンツ産業拠点推進会議、マルチメディア放送ビジネスフォーラム、メタバース協会の会長、コンテンツ学会の副会長を務める。
また、毎年、多くのデジタルコンテンツのコンテストの審査員を務めている。
【著書】
「デジタル書斎の知的活用術」(岩波アクティブ新書)
「ポストITは日本が勝つ!」(アスキー出版)
「デジタル・ストリーム・未来のリ・デザイニング」(NTT出版)
「クール・ジャパン 世界が買いたがる日本」(祥伝社)
「クリエイター・スピリットとは何か?」(ちくまプリマー新書)
What's DIGITFUL WORLD
DIGITFUL WORLDとは
DIGITFUL WORLD
音楽がCDになった1982年、人はすべての表現がデジタル化することを進歩とした。 1983年、ファミコンは、コンピュータゲームの飛躍的発展を約束した。 本をCD-ROMしようとしたとき、世界にたくさんのデジタルツールが出現した。 CGは、ビジュアル表現に革命を起こし、映画をアニメを変化させた。 1994年PlayStationは、すべてのゲームを3Dへと導いた。 1995年、インターネットは突如、人々の生活空間とリンクした。
PCのスピードと容量の飛躍的な増大は、写真も映画もあらゆる映像をデジタルで扱うことを当たり前にした。20世紀のメディアの覇者テレビは、それでも最期までアナログだった。しかし2011年、アナログ電波は停止する。人の持つ主要メディアがデジタルになった。これがゴールだったのだろうか?
21世紀、ぼくたちは街で生活をする。デジタル情報はぼくの目には見えない。飛び交うケータイのデジタル情報、GPS信号、商品につけられた電子タグ、街はデジタルで溢れている。その中をぼくは歩く。無数の監視カメラがぼくを捉え、デジタル映像として、ハードディスクに書き込んでいく。一度システムがスタートしてしまえば、人が関わらずともデジタル化は進む。
主要なメディアがデジタルとなり、人の動きもモノの動きもデジタル化できた。しかし、みんなバラバラで、繋がっていない。デジタル化することがゴールじゃない! デジタル化されたからこそ、すべてを有機的にリンクすることが始められるのだ!デジタルコミュニケーションが爆発する世界が見えている。
そう、この世界を、ぼくは、「DIGITFUL WORLD」と呼びたい!今、やっとスタート地点に近づいている。デジタルが本当に人類に役に立つのは、これからなのだ。
DIGITFUL WORLDは、
knowledgeful, useful, wonderful, beautiful, powerful,
そしてsoulful!
知恵を出すときだ!
より良い人類として地球に存在するために!
DIGITAL HOLLYWOOD
デジタルハリウッド
デジタルハリウッド
日本初の産学協同クリエイター養成スクール。つねに最新の産業界のニーズをキャッチし、カリキュラムに反映。現在、卒業生は4万人以上。ゲーム、映画、CG映像、WEBデザイン、ネットビジネスなど様々なコンテンツ産業で働くデジタルクリエイターを数多く輩出しています。
デジタルハリウッド
デジタルハリウッド大学
IT×英語&留学×クリエイティブを徹底習得。Web、TV、ゲーム、アニメ、映画、出版、音楽、ラジオの業界で国際的に活躍する人材育成を目指す4年制大学。2005年4月開学。
デジタルハリウッド大学
デジタルハリウッド大学院
業界が生み出す日本唯一のデジタルコンテンツの最高学府となる専門職大学院として、2004年4月に開学。ITとコンテンツの融合が進む、ブロードバンド・ユビキタス社会において、グローバルなフィールドで真価を発揮できる人材育成を主眼としています。
デジタルハリウッド大学院
デジハリ・オンラインスクール(通信講座)
「デジハリ・オンラインスクール」は、グラフィック・DTP・Webデザインを学習いただけるeラーニング/通信講座をご提供しています。スクールに通うことなくインターネットを通じて、教室の授業を自宅で受講!好きな場所から臨場感たっぷりの授業をリアルタイムに受講することができます。
オンラインスクール(通信講座)

March 01, 2010

今日もお休みをとらせてもらう

Click!
一晩、咳で何度も起きてしまったけれど、朝6時頃には、なんとか回復基調に入ったと感じた。しかし、今日は急遽、予定をキャンセルして寝ていることにした。

午前10時、水銀の体温計で熱を測り終わって、水銀を下げるために振っていたら、猫のピートが、そこに突進してきて、彼の頭がゴツンと当たった。動いているものに、じゃれてくるのが習性だから仕方がない。

ちょっと痛かったらしく、そのまま逃げていったのだが、ケースから体温計を取り出してみると、なんと、真ん中で割れていた。水銀は下まで下がっていたので漏れなかった。

午後1時からは、だいぶ体の調子が戻ってきたので、vaioを開けて仕事開始。しかし、さすがに学校の年度末、ほぼ予定の仕事は終えて来ているので、ぼくへのメールはかなり少なくなっている。

午後7時、買い物に出る。駅前のマクドナルドで初めて、Mac Cafeのカフェラテを飲んでみた(写真)。この味で180円ならリーズナブルだと思った。

体温計を買うために駅前のドラッグストアへ立ち寄る。そこには、ずらっと体温計がぶら下がっていたのだが、電子式のデジタル体温計しか並んでいなかった。

ひとつも昔ながらの体温計が売っていなかったことに興味を覚えて、高円寺純情商店街の「ツル薬局」へ。ここは、ドラッグストアでは売ってないアルコールランプなど、昔の薬局みたいなものが置いてあるのだ。

しかし、ここでも体温計は、電子式のデジタル表示ものだけになっていた。店員さんが「もうありませんね」と言いながら、ちょっと棚の奥に手を突っ込んだら、そこから一本だけ水銀の体温計が出てきた。

その体温計のパッケージの台紙には、面白いことに「日本政府検定済」とあった(写真Click!)。厚生省とかではなくて、日本政府というところに、そそられて購入(笑)。

体温計のウラには、「フヱバー体温計」とプリントされていた。いつ製造されたものかは、わからないが、この「ヱ」からも、元々の設計は相当昔なんだろうね。

水銀体温計の良いところは、温度を測る仕組みが、水銀の熱膨張によるということが、目で見て理解できるところにあると思う。多かれ少なかれ、アナログ機器というのは、そういうものだ。

それに対して、デジタル表示のものは、なぜ短い時間で温度が測れるのか、説明出来る人はとても少ないはずだ。そこには予測カーブを使って許される誤差の中で、温度を推定するプログラムが介在している。

同じようなことが、現代の自動車のアクセルペダルと速度の関係にも言える。アクセルの踏み込みは、速度をコントロールするプログラムのために参照されるひとつのデータとして処理される。速度をコントロールするために、他にも参照される多くのデータがある。

ソフトウェアを介していても、人はすぐに操作の按排を体得してしまうので通常は問題にならない。極限の運転操作をしているF1でも、またジェット戦闘機でも、かなり昔からデジタルのフライ・バイ・ワイヤになっているが、パイロットたちは、自分の手足がごとく操縦している。

アクセルペダルが、敷いてあるカーペットに引っかかって戻らないことがあるというのは、誰にでも理解できることなので、対策をすれば、もう誰も恐怖心は持たないであろう。

しかし、コンピュータは、時として暴走するというイメージが、パソコンにより一般に浸透している現代社会という観点で、今回のTOYOTAの問題を見るとどうだろうか?

エンジンの回転数、ブレーキの効き具合、サスペンションの反応など、ほとんどがソフトウェアにより制御されているという事実が、機構やシステムを理解できないドライバーたちに、恐怖心を与えてしまったことは間違いないだろうね。


この記事へのトラックバックURL

この記事へのコメント
おひさしぶりです。

水銀の体温計に反応してしまいました。
我が家にもつい最近まであったんですが・・・・やはり壊れてしまいました・・
あのシンプルさと細さと脆さがよかったですね・・・・

でも、当然デジタル派だろうと思っていたmojoさんが、水銀派だったとは意外でした!
Posted by renzo at March 02, 2010 08:02
お体お大事になさってくださいね。。。

水銀計、なつかしいですね!
デジタルアイテムに囲まれてるとアナログアイテムがなつかしくなる気持ちが分かります。
アナログレコードとCDとダウンロード販売が並存している音楽業界のように、体温計も共存してくれるといいですね。
Posted by 藤田さおり at March 02, 2010 21:03
具合大丈夫ですか?ちゃんと休みましょうね。

我が家の息子達は喘息持ちなのですが、ホクナリンテープと言ってシールのようなものを貼ると気管支が広がり咳が止まります。(あってるかな?)あれってすごく不思議だなぁといつも思うのですが。。。
Posted by naos at March 03, 2010 00:34
ときどきパソコンがフリーズするのと同様に、車のような機械が制御不能になるということは本当に恐ろしいことだと思います。

マニュアル車では、ニュートラルで暴走なんてことは絶対にないですからね。
Posted by 免許更新 at March 07, 2010 15:38