プロフィール
プロフィール
杉山知之
デジタルハリウッド 学長
デジタルハリウッド大学 学長
デジタルハリウッド大学院 学長
工学博士
1954年東京都生まれ。
1979年、日本大学大学院理工学研究科修了後、日本大学理工学部助手。87年より、MITメディア・ラボ客員研究員として3年間活動。90年、国際メディア研究財団・主任研究員、93年、日本大学短期大学部専任講師を経て、94年10月、デジタルハリウッド設立。以来、クリエイターの育成、インターネットビジネスの発展に力を注いでいる。
 デジハリ創立10周年となる2004年、開校当初からの念願であった、デジタルコンテンツ専門の「デジタルハリウッド大学院」を開学。同年11月、IT×英語&留学×クリエイティブを学ぶ「デジタルハリウッド大学」が文部科学省認可。学長に就任。2005年4月開学。2008年10月、「コンテンツ学会」副会長に就任。
【委員】
デジタルラジオ推進協会・番組審議会委員 その他、CG-ARTS協会、デジタルコンテンツ協会などの委員を歴任。
NPO法人 エコロジー・カフェ理事、NPO法人 VIPO(映像産業振興機構)理事。
福岡コンテンツ産業拠点推進会議、マルチメディア放送ビジネスフォーラム、メタバース協会の会長、コンテンツ学会の副会長を務める。
また、毎年、多くのデジタルコンテンツのコンテストの審査員を務めている。
【著書】
「デジタル書斎の知的活用術」(岩波アクティブ新書)
「ポストITは日本が勝つ!」(アスキー出版)
「デジタル・ストリーム・未来のリ・デザイニング」(NTT出版)
「クール・ジャパン 世界が買いたがる日本」(祥伝社)
「クリエイター・スピリットとは何か?」(ちくまプリマー新書)
What's DIGITFUL WORLD
DIGITFUL WORLDとは
DIGITFUL WORLD
音楽がCDになった1982年、人はすべての表現がデジタル化することを進歩とした。 1983年、ファミコンは、コンピュータゲームの飛躍的発展を約束した。 本をCD-ROMしようとしたとき、世界にたくさんのデジタルツールが出現した。 CGは、ビジュアル表現に革命を起こし、映画をアニメを変化させた。 1994年PlayStationは、すべてのゲームを3Dへと導いた。 1995年、インターネットは突如、人々の生活空間とリンクした。
PCのスピードと容量の飛躍的な増大は、写真も映画もあらゆる映像をデジタルで扱うことを当たり前にした。20世紀のメディアの覇者テレビは、それでも最期までアナログだった。しかし2011年、アナログ電波は停止する。人の持つ主要メディアがデジタルになった。これがゴールだったのだろうか?
21世紀、ぼくたちは街で生活をする。デジタル情報はぼくの目には見えない。飛び交うケータイのデジタル情報、GPS信号、商品につけられた電子タグ、街はデジタルで溢れている。その中をぼくは歩く。無数の監視カメラがぼくを捉え、デジタル映像として、ハードディスクに書き込んでいく。一度システムがスタートしてしまえば、人が関わらずともデジタル化は進む。
主要なメディアがデジタルとなり、人の動きもモノの動きもデジタル化できた。しかし、みんなバラバラで、繋がっていない。デジタル化することがゴールじゃない! デジタル化されたからこそ、すべてを有機的にリンクすることが始められるのだ!デジタルコミュニケーションが爆発する世界が見えている。
そう、この世界を、ぼくは、「DIGITFUL WORLD」と呼びたい!今、やっとスタート地点に近づいている。デジタルが本当に人類に役に立つのは、これからなのだ。
DIGITFUL WORLDは、
knowledgeful, useful, wonderful, beautiful, powerful,
そしてsoulful!
知恵を出すときだ!
より良い人類として地球に存在するために!
DIGITAL HOLLYWOOD
デジタルハリウッド
デジタルハリウッド
日本初の産学協同クリエイター養成スクール。つねに最新の産業界のニーズをキャッチし、カリキュラムに反映。現在、卒業生は4万人以上。ゲーム、映画、CG映像、WEBデザイン、ネットビジネスなど様々なコンテンツ産業で働くデジタルクリエイターを数多く輩出しています。
デジタルハリウッド
デジタルハリウッド大学
IT×英語&留学×クリエイティブを徹底習得。Web、TV、ゲーム、アニメ、映画、出版、音楽、ラジオの業界で国際的に活躍する人材育成を目指す4年制大学。2005年4月開学。
デジタルハリウッド大学
デジタルハリウッド大学院
業界が生み出す日本唯一のデジタルコンテンツの最高学府となる専門職大学院として、2004年4月に開学。ITとコンテンツの融合が進む、ブロードバンド・ユビキタス社会において、グローバルなフィールドで真価を発揮できる人材育成を主眼としています。
デジタルハリウッド大学院
デジハリ・オンラインスクール(通信講座)
「デジハリ・オンラインスクール」は、グラフィック・DTP・Webデザインを学習いただけるeラーニング/通信講座をご提供しています。スクールに通うことなくインターネットを通じて、教室の授業を自宅で受講!好きな場所から臨場感たっぷりの授業をリアルタイムに受講することができます。
オンラインスクール(通信講座)

November 05, 2009

@kohmiさんと初対面、夜は『僕の初恋をキミに捧ぐ』メイキングセミナー

Click!
朝10時45分に、東京ミッドタウンに着く。

11時、"SILIN火龍園"で、広瀬香美さんと早めのランチ。広瀬さんとお話するのは、もちろん今日が初めて。

毎日毎日、twitter界を賑やかにしている広瀬さんが、秋葉原をテーマにした『ビバ☆秋葉原』という楽曲を作ったとき、デジタルハリウッドの大学生がグラフィックを作らせていただいたのが、ご縁。その縁も、大学院スタッフの石島くんが、広瀬さんの"つぶやき"にレスをしたのが、ご縁。

今朝、広瀬さんは、日本で初めて、「twitterコンサート」を開くと、これまたtwitterで宣言。本日、午後9時までに応募した人の中から抽選でコンサートに参加できることになるのだが、チケット代は、なんと140円なのだそうだ。そのコンサートは11月13日。このスピード感が、まさにtwitter文化だね。

午後1時、5分前に秋葉原メインキャンパスに到着。すぐに今日のゲスト講師の佐藤聡子さんと尾形薫さんに挨拶(写真Click!)。午後1時から「デジタルコンテンツビジネストレンド」の講義開始。

今日のテーマは、iPhoneアプリ。佐藤さんは、デジタルハリウッドの総合プロコースの1期生。卒業後、東芝を始め、いくつかの企業でCGクリエーターとして活躍、最後は、ナムコの鉄拳チームで、セットアップやモーションのスペシャリストとして活躍した方だ。

尾形さんは、デジタルハリウッド設立時の最初のシステム管理者。その頃は某国立大学の院生だった。その後は、いろいろな経験を踏んで、今はフリープログラマー、なんて軽く紹介してはいけない。たぶん日本でも屈指のCG関連のプログラミングに長けている方だろう。現在、セガサミービジュアル・エンタテインメント社でシステム開発に当たると共に、、デジタルハリウッド大学の講師もしてもらっている。

さて、佐藤さんは、酷い腱鞘炎になってしまったのを機に、ナムコを退社。そこから翠猫館を起業。セラピストの資格も取り、占いのケータイコンテンツを展開。今では、3キャリア全部に公式コンテンツとして提供するまでになっている。

その佐藤さんに、翠猫館を脅かす存在として映ったのが、iPhoneだったとのこと。研究熱心な佐藤さんは、さっそくiPhoneの性能をチェック。そこで、3DCGエンジンの性能が、ケータイゲーム機に比べて、かなり高いことを理解。そこで大好きな猫を題材に作ったiPhoneアプリが、「Petting Cat Really」。

このアプリ、猫を撫でたり、じゃらつかせたり、猫鍋になるようにおびき寄せたり、まあ癒し系といえるものだ。必ずしも、すぐに言うことをきいてくれないのが、猫らしくて良い。

猫のしなやかな動きを再現するために、人間の倍以上のボーンを設定したとのこと。ぼくも「Petting Cat Really」のアメリカンショートヘアを楽しんでいるのだが、本当に猫の動きは素晴らしい。

そして、この猫の動きを実際に、iPhoneに実装して動くようにプログラミングをしたのが尾形さん。開発者向けの3D用のパッケージを使わずに、ゼロからプログラムしたとのこと。iPhone用のリアルタイムCGの実装ツールは、これだけでもたいへんな価値があると思う。使いたい方は、尾形さんに問い合わせをどうぞ!

なんと、このアプリ、8割が海外で売れているそうな。アメリカが3割で、ベンガルが人気とか、フランスでは、ロシアンブルーが人気とのこと。

たった2人で、世界中のiPhoneとiPod touchの市場に、アプリを投入できる醍醐味は、まさに現在のネット環境がなせる技だ。まだまだ知られていないアプリだが、全世界の猫好きに、徐々に広がっていくだけのアプリだと思ったのである。

講義後、東京本校に移動。4時半からボードミーティング。6時に秋葉原のオフィスに移動して、6時半から音元出版の取材で、ドイツのゼンハイザー社の最高峰のヘッドフォンとしてされた開発HD800の試聴レポートを行った。

市価16万円というヘッドフォン。新開発のリング状のダイヤフラムが、重低音まで綺麗に伸びていて、それでいて超高音域までスピード感があり切れが良い音を出していた。演奏での細かいニュアンスや繊細な音色の変化まで、すべて聴き取れた。凄い解像度だった。

午後8時、メインキャンパスに移動。新城毅彦監督と畠山直人プロデューサーによる『僕の初恋をキミに捧ぐ』のメイキングセミナーを聴講。会場には、本学の学生だけでなく、一般の方々も多く来ていた。

ずっと撮影風景のビデオが流れている中、新城監督と畠山プロデューサーが、映画制作の中で起きたことをつぶさに話してくれた。とくに主役の井上真央さんと岡田将生さんが役づくりをする様子は、興味深かった。こういう話が聴けるというのは、本当に有り難いことだ。


この記事へのトラックバックURL

この記事へのコメント
ステキな縁!

ネットの世界だとどうしてもその中だけ、
と思いがちですが、このように発展していくのですね。
素晴らしい!!
Posted by KT at November 06, 2009 23:31
夜のメイキングセミナーにて、終盤の質問コーナーで最初に質問させて頂いた一般参加のものです。

ITエンジニアをやっております。

非常に有意義なイベントでした。あのような場を提供して頂き、ただただ感謝しております。

イベントの感想を少し書きましたのでお時間あればお読み頂けると幸いです。

http://l-w-i.net/r/20091105_01.txt
Posted by Life with IT at November 08, 2009 02:31
杉山先生、先日はどうもありがとうございました。
私の方も色々と勉強になり、有意義な日でした。

1点だけ、すみません
私がナムコ在籍中最後に居たのはニーナのアクションアドベンチャーで、
鉄拳スタッフにしごかれましたが
在籍したのは鉄拳チームそのものでは無かったのです。
説明が足りませんでした。
Posted by 佐藤聡子@翠猫館 at November 09, 2009 10:22