プロフィール
プロフィール
杉山知之
デジタルハリウッド 学長
デジタルハリウッド大学 学長
デジタルハリウッド大学院 学長
工学博士
1954年東京都生まれ。
1979年、日本大学大学院理工学研究科修了後、日本大学理工学部助手。87年より、MITメディア・ラボ客員研究員として3年間活動。90年、国際メディア研究財団・主任研究員、93年、日本大学短期大学部専任講師を経て、94年10月、デジタルハリウッド設立。以来、クリエイターの育成、インターネットビジネスの発展に力を注いでいる。
 デジハリ創立10周年となる2004年、開校当初からの念願であった、デジタルコンテンツ専門の「デジタルハリウッド大学院」を開学。同年11月、IT×英語&留学×クリエイティブを学ぶ「デジタルハリウッド大学」が文部科学省認可。学長に就任。2005年4月開学。2008年10月、「コンテンツ学会」副会長に就任。
【委員】
デジタルラジオ推進協会・番組審議会委員 その他、CG-ARTS協会、デジタルコンテンツ協会などの委員を歴任。
NPO法人 エコロジー・カフェ理事、NPO法人 VIPO(映像産業振興機構)理事。
福岡コンテンツ産業拠点推進会議、マルチメディア放送ビジネスフォーラム、メタバース協会の会長、コンテンツ学会の副会長を務める。
また、毎年、多くのデジタルコンテンツのコンテストの審査員を務めている。
【著書】
「デジタル書斎の知的活用術」(岩波アクティブ新書)
「ポストITは日本が勝つ!」(アスキー出版)
「デジタル・ストリーム・未来のリ・デザイニング」(NTT出版)
「クール・ジャパン 世界が買いたがる日本」(祥伝社)
「クリエイター・スピリットとは何か?」(ちくまプリマー新書)
What's DIGITFUL WORLD
DIGITFUL WORLDとは
DIGITFUL WORLD
音楽がCDになった1982年、人はすべての表現がデジタル化することを進歩とした。 1983年、ファミコンは、コンピュータゲームの飛躍的発展を約束した。 本をCD-ROMしようとしたとき、世界にたくさんのデジタルツールが出現した。 CGは、ビジュアル表現に革命を起こし、映画をアニメを変化させた。 1994年PlayStationは、すべてのゲームを3Dへと導いた。 1995年、インターネットは突如、人々の生活空間とリンクした。
PCのスピードと容量の飛躍的な増大は、写真も映画もあらゆる映像をデジタルで扱うことを当たり前にした。20世紀のメディアの覇者テレビは、それでも最期までアナログだった。しかし2011年、アナログ電波は停止する。人の持つ主要メディアがデジタルになった。これがゴールだったのだろうか?
21世紀、ぼくたちは街で生活をする。デジタル情報はぼくの目には見えない。飛び交うケータイのデジタル情報、GPS信号、商品につけられた電子タグ、街はデジタルで溢れている。その中をぼくは歩く。無数の監視カメラがぼくを捉え、デジタル映像として、ハードディスクに書き込んでいく。一度システムがスタートしてしまえば、人が関わらずともデジタル化は進む。
主要なメディアがデジタルとなり、人の動きもモノの動きもデジタル化できた。しかし、みんなバラバラで、繋がっていない。デジタル化することがゴールじゃない! デジタル化されたからこそ、すべてを有機的にリンクすることが始められるのだ!デジタルコミュニケーションが爆発する世界が見えている。
そう、この世界を、ぼくは、「DIGITFUL WORLD」と呼びたい!今、やっとスタート地点に近づいている。デジタルが本当に人類に役に立つのは、これからなのだ。
DIGITFUL WORLDは、
knowledgeful, useful, wonderful, beautiful, powerful,
そしてsoulful!
知恵を出すときだ!
より良い人類として地球に存在するために!
DIGITAL HOLLYWOOD
デジタルハリウッド
デジタルハリウッド
日本初の産学協同クリエイター養成スクール。つねに最新の産業界のニーズをキャッチし、カリキュラムに反映。現在、卒業生は4万人以上。ゲーム、映画、CG映像、WEBデザイン、ネットビジネスなど様々なコンテンツ産業で働くデジタルクリエイターを数多く輩出しています。
デジタルハリウッド
デジタルハリウッド大学
IT×英語&留学×クリエイティブを徹底習得。Web、TV、ゲーム、アニメ、映画、出版、音楽、ラジオの業界で国際的に活躍する人材育成を目指す4年制大学。2005年4月開学。
デジタルハリウッド大学
デジタルハリウッド大学院
業界が生み出す日本唯一のデジタルコンテンツの最高学府となる専門職大学院として、2004年4月に開学。ITとコンテンツの融合が進む、ブロードバンド・ユビキタス社会において、グローバルなフィールドで真価を発揮できる人材育成を主眼としています。
デジタルハリウッド大学院
デジハリ・オンラインスクール(通信講座)
「デジハリ・オンラインスクール」は、グラフィック・DTP・Webデザインを学習いただけるeラーニング/通信講座をご提供しています。スクールに通うことなくインターネットを通じて、教室の授業を自宅で受講!好きな場所から臨場感たっぷりの授業をリアルタイムに受講することができます。
オンラインスクール(通信講座)

January 21, 2008

携帯フィルタリングサービス原則化の是非

Click!
午前10時にオフィスへ。まず明治大学へ提出するシラバスを仕上げる。この4月から客員として国際日本学部で、講義を担当することになったのだ。

午後3時半、秋葉原セカンドキャンパスへ。就活本番の春休みに向けて3年生を集めてのセミナーを今日一日やっているのだが、ぼくも3年生に話をさせてもらった。

午後4時半から、メインキャンパスの隣にあるUDXビル2階にあるタイムAギャラリーの田中代表とミーティング。田中さんは、秋葉原らしいコンテンツの発信の場として運営していきたいとのこと。大学として協力を約束した。

さて、今日のメインイベント。午後6時、三田の慶応大学キャンパスへ向かった。

本日、緊急で慶応大学で、「インターネット上の安全・安心に関する緊急フォーラム 未成年者向け携帯フィルタリングサービス原則化の是非を問う」というシンポジウムがあった。

昨年12月に総務省が携帯電話事業者に対し、フィルタリングサービスの導入促進を要請したことを受けて、各事業者は「未成年者は、フィルタリングサービスに原則加入」との方針を打ち出した。これを受けて、携帯キャリアは、1月から一斉に、未成年の加入者に対してのフィルタリングを強化して開始する方針だ。

ステージには、モデレーターとして慶応大学の中村伊知哉教授(写真)、パネリストとして、総務省総合通信基盤局の岡村信悟課長補佐、モバイルコンテンツフォーラムの岸原事務局長、DeNAの南部智子社長、デジタルアーツの道具登志夫社長、慶応大学の菊池尚人準教授、CANVASの石戸奈々子副理事長が登壇(写真Click!)。

問題になっているのは、出会い系サイトや学校裏サイトなどの問題だ。基本これらは、書き込みができるサイトなら出来るということで、今回の処置は、SNSなどを持つサイトは、すべて子供たちが見られなくなってしまうという極端なフィルタリングだ。

ところが今日、報告の中で、驚いたのは、昨年の夏あたりでは、政治家や一部の教育者の中から、18歳未満に携帯電話を持たせないという規制を作ろうと動いていたというのだ。そのようなことが起こらないためにも、書き込みができるサイトの全面的フィルタリングで対応するように携帯キャリアに通達を出したという感覚らしい。

「モバゲー」を運営する南部社長からは、年齢別の利用者率がプレゼンされたのだが、なんと15歳、16歳では、男子の60%、女子の50%ぐらいが、ユーザーという状況。そのため、ユーザーにはルールを提示し、さらに毎月数億円を費やして、サイト内のパトロールを行って、必要な措置をとっているとのこと。

このような自助努力を重ねてきている企業が、まるで有害サイトや違法サイトのように扱われてしまうことに、もちろん南部社長は納得がいかないとのこと。子供たちの保護者からも、「モバゲー」だけをフィルタリングから外すことはできないのか?という質問が多く寄せられているという。

「モバゲー」からは、百万にも及ぶケータイ小説や、数万曲の音楽が産まれており、日本の文化力を支える次世代のクリエーターのインキュベーションの場のようにもなっているのは衆知のことだ。コンテンツ立国という政府の大方針と、今回の総務省大臣要請は、それに矛盾することも起きてしまうだろう。

会場に来ていた携帯小説のメッカでもある「魔法のiランド」の方からも、同様の発言があった。8年にわたる運営から、現在では、問題らしい問題は全く無いと言うほどになっている矢先に、今回の動きで驚いているとのこと。

最近、公園や学校にある遊具で、子供たちが怪我などの事故を起こすことに対して、関係者への責任問題を追及が以前より厳しくなっているわけだが、これに対応するために、なんと公園や学校にいっさい遊具を置くことを止めようという動きもあるとのこと。

つまり、子供のときに、すべり台もブランコも経験できない世界になったほうが誰も責任を追及されないし、責任をとらなくて良いから、そういう世の中にしたいという方向が強いというのだ。それが社会が子供を守るということだという認識でいいのだろうか。

12月10日に総務省からの携帯キャリアに対して出た「携帯電話事業者等に対するフィルタリング導入促進の新たな要請」 についても、同様の雰囲気を感じる。保護者も教育者も政治家もよくわからないことが起きているので、責任もとれないから、根こそぎ止めさせてしまえば、問題がほぼ解決すると思っているという立場だ。

しかし、ぼくたちから見れば、コミュニティサイトをすべてアクセスできないようにすれば、ネット上の危険が回避されるのかと言えば、まったく、そんなことはあり得ないわけで。メールを使ったサービスでも同様なことは可能なわけだ。ということで、次に子供たちがメールを使うことも禁止するのか? 

有害サイトや違法サイトでビジネスをしようと考える業者は、コミュニティサイトを使わない方法に移行するだけだ。さらに携帯キャリアを使う必要も無いのだ。WiFiを使ってのサービスも可能だからだ。じゃあ子供たちのDSやPSPも規制するのか? 

最後に、CANVASの石戸さんが、「お財布よりケータイを大事にしてコミュニケーションツールとしている子供たちが、ある日、ケータイがただの電話になってしまったら、さぞかし怒るだろう」という発言が印象に残った。

この問題は、また機会をみて、スギヤマスタイルで取り上げたい。ご意見のコメントよろしく!



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/mojosgy/51257580
この記事へのコメント
私も以前からこの話題には注目していました。

有害な情報から未成年を守るために、フィルタリングは必要なものです。
しかし、有害とそうでないものを判別する方法はたいへん難しい技術でしょうね。

「もし、自分の子どもがネットに触れるようになったら?」と考えると、かなり不安がつきまとうのが正直なところです。
Posted by KazYa at January 22, 2008 02:43
 子どもを持つ親として、インターネットが子どもに与える可能性を信じるものとして、こんな規制は絶対反対です!
 与えなければ一安心なんて、子どもを信じていないという世の中の流れそのものですね。
 携帯裏サイトなどの問題は、精神面でのサポートを提供すべきだと思うんです。文字数が少ない携帯電話の掲示板。実は気軽に書いたつもりが冷たい印象を与え、そこから関係がこじれてしまう。書き込む側の心理が、受け取る方に見えないから起きてしまう。

 心理カウンセリングに近いところで、受け取る側の気持ちを解消していくとか、書き込んだ側に何が問題なのか考えさせるとかそういう学びを子ども達に与えられたら良いのに、いつかそういう場を作りたいです!
Posted by 安ヶ平さつき at January 22, 2008 09:02
はじめまして。
わたしはモバイルのマーケティングコンサルタントをしているものです。

今回の件で「子供を危険なものから遠ざければよい」的な発想に
大きな違和感を感じました。

子供に限らず、人は学ばない限り成長しないと思うからです。

自分のサイトでも書かせて頂いてますが、もっと根本的なところで問題解決の方向を探れないのか?
と思います
Posted by 中谷健一 at February 06, 2008 19:53