プロフィール
プロフィール
杉山知之
デジタルハリウッド 学長
デジタルハリウッド大学 学長
デジタルハリウッド大学院 学長
工学博士
1954年東京都生まれ。
1979年、日本大学大学院理工学研究科修了後、日本大学理工学部助手。87年より、MITメディア・ラボ客員研究員として3年間活動。90年、国際メディア研究財団・主任研究員、93年、日本大学短期大学部専任講師を経て、94年10月、デジタルハリウッド設立。以来、クリエイターの育成、インターネットビジネスの発展に力を注いでいる。
 デジハリ創立10周年となる2004年、開校当初からの念願であった、デジタルコンテンツ専門の「デジタルハリウッド大学院」を開学。同年11月、IT×英語&留学×クリエイティブを学ぶ「デジタルハリウッド大学」が文部科学省認可。学長に就任。2005年4月開学。2008年10月、「コンテンツ学会」副会長に就任。
【委員】
デジタルラジオ推進協会・番組審議会委員 その他、CG-ARTS協会、デジタルコンテンツ協会などの委員を歴任。
NPO法人 エコロジー・カフェ理事、NPO法人 VIPO(映像産業振興機構)理事。
福岡コンテンツ産業拠点推進会議、マルチメディア放送ビジネスフォーラム、メタバース協会の会長、コンテンツ学会の副会長を務める。
また、毎年、多くのデジタルコンテンツのコンテストの審査員を務めている。
【著書】
「デジタル書斎の知的活用術」(岩波アクティブ新書)
「ポストITは日本が勝つ!」(アスキー出版)
「デジタル・ストリーム・未来のリ・デザイニング」(NTT出版)
「クール・ジャパン 世界が買いたがる日本」(祥伝社)
「クリエイター・スピリットとは何か?」(ちくまプリマー新書)
What's DIGITFUL WORLD
DIGITFUL WORLDとは
DIGITFUL WORLD
音楽がCDになった1982年、人はすべての表現がデジタル化することを進歩とした。 1983年、ファミコンは、コンピュータゲームの飛躍的発展を約束した。 本をCD-ROMしようとしたとき、世界にたくさんのデジタルツールが出現した。 CGは、ビジュアル表現に革命を起こし、映画をアニメを変化させた。 1994年PlayStationは、すべてのゲームを3Dへと導いた。 1995年、インターネットは突如、人々の生活空間とリンクした。
PCのスピードと容量の飛躍的な増大は、写真も映画もあらゆる映像をデジタルで扱うことを当たり前にした。20世紀のメディアの覇者テレビは、それでも最期までアナログだった。しかし2011年、アナログ電波は停止する。人の持つ主要メディアがデジタルになった。これがゴールだったのだろうか?
21世紀、ぼくたちは街で生活をする。デジタル情報はぼくの目には見えない。飛び交うケータイのデジタル情報、GPS信号、商品につけられた電子タグ、街はデジタルで溢れている。その中をぼくは歩く。無数の監視カメラがぼくを捉え、デジタル映像として、ハードディスクに書き込んでいく。一度システムがスタートしてしまえば、人が関わらずともデジタル化は進む。
主要なメディアがデジタルとなり、人の動きもモノの動きもデジタル化できた。しかし、みんなバラバラで、繋がっていない。デジタル化することがゴールじゃない! デジタル化されたからこそ、すべてを有機的にリンクすることが始められるのだ!デジタルコミュニケーションが爆発する世界が見えている。
そう、この世界を、ぼくは、「DIGITFUL WORLD」と呼びたい!今、やっとスタート地点に近づいている。デジタルが本当に人類に役に立つのは、これからなのだ。
DIGITFUL WORLDは、
knowledgeful, useful, wonderful, beautiful, powerful,
そしてsoulful!
知恵を出すときだ!
より良い人類として地球に存在するために!
DIGITAL HOLLYWOOD
デジタルハリウッド
デジタルハリウッド
日本初の産学協同クリエイター養成スクール。つねに最新の産業界のニーズをキャッチし、カリキュラムに反映。現在、卒業生は4万人以上。ゲーム、映画、CG映像、WEBデザイン、ネットビジネスなど様々なコンテンツ産業で働くデジタルクリエイターを数多く輩出しています。
デジタルハリウッド
デジタルハリウッド大学
IT×英語&留学×クリエイティブを徹底習得。Web、TV、ゲーム、アニメ、映画、出版、音楽、ラジオの業界で国際的に活躍する人材育成を目指す4年制大学。2005年4月開学。
デジタルハリウッド大学
デジタルハリウッド大学院
業界が生み出す日本唯一のデジタルコンテンツの最高学府となる専門職大学院として、2004年4月に開学。ITとコンテンツの融合が進む、ブロードバンド・ユビキタス社会において、グローバルなフィールドで真価を発揮できる人材育成を主眼としています。
デジタルハリウッド大学院
デジハリ・オンラインスクール(通信講座)
「デジハリ・オンラインスクール」は、グラフィック・DTP・Webデザインを学習いただけるeラーニング/通信講座をご提供しています。スクールに通うことなくインターネットを通じて、教室の授業を自宅で受講!好きな場所から臨場感たっぷりの授業をリアルタイムに受講することができます。
オンラインスクール(通信講座)

December 12, 2005

この20年間を思い出した講演と懇親会の日

Click!
朝、東京校に出て、仕事開始。いつもより早めにランチ。冬になると駅前の中華飯店の「五目そば」を食べる。ここの五目は、五目どころでなく具沢山。でもあっさりとした味。何年も食べているけれど飽きない味だ。

午後1時に東京校を出て、東京駅前の丸ビルへ。今日はここで、「起業立国:”ベンチャーハビタット”創生のための処方箋」というwinwin主催のイベントがあるのだ。

1時半から、今日の講演者やパネラーと打ち合わせ。午後2時から、まずは、スタンフォード大学のファイゲンバウム名誉教授の基調講演があった。ファイゲンバウム教授は、人工知能研究のパイオニアの一人で、シリコンバレーでいくつものベンチャー企業設立にも携わってきた方だ。

基調講演は、アメリカには、ファイゲンバウム教授らが名付けた”ベンチャーハビタット”というベンチャーの起業がとてもやりやすい環境が、いろいろなレベルで縦横に揃っているというのだ。

その後の2つのパネルディスカッションは、ファイゲンバウム教授の「なぜ日本には、Apple、Yahoo、Googleのような超大型のベンチャー企業が現れないのかについての分析」を受けての内容となった。winwinの主催者でもある九州大学の五十嵐伸吾先生が、コーディネーターとなって、ディスカッションを進めた。

最初のパネルのテーマは、「起業家とキャピタリストの距離」。サンブリッジ社長のアレン・マイナーさんの「現在の日本は、アメリカの80年ごろの状況にたいへん似ている」という分析が、とても面白かった。マイナーさんによれば、レーガン大統領が進めた数々の行政改革の成果が、情報分野を中心に多くのベンチャーを産む下地になった時期とのこと。それが日本では、小泉内閣により進められているというわけだ。

ぼくが参加した2つ目のパネルのテーマは、「人事とビジネスのリスクシェアリング」。このパネルには、いろいろお世話になっているフューチャーシステムコンサルティング社長の金丸恭文さんや、経済産業省大臣官房総務課長の石黒憲彦さんらが参加。金丸さんの「日本は、少なくとも世界第2位の国でいると決めて、戦略を立てていかないと何も始まらない」という言葉が重かった。少なくとも現在は、アメリカ、日本、中国、インド、EUという5極が想定されるが、その中に日本がいることができるのかということだ。

2つめのパネルが終わり、全部を聞いていたファイゲンバウム教授が、総括を行った。その中で、シリコンバレーの環境は、「Hollywood Model」という言葉で表現されていると教えてくれた。昔のハリウッドは、大きなスタジオに監督から俳優からすべての人が属する垂直型。それは昔のIBMやDECのような東海岸の会社のスタイルだと。

それが、現在のハリウッドは、あらゆる職能を持つ人材がいて、映画製作プロジェクトごとに自由に資金調達、制作、配給とチームを、必要に応じて組むことによって、水平に繋がって成り立っているというのである。そして、そのようなモジュラリティが、ここ20年間のシリコンバレーに揃っていると。

まさに、ぼくが、12年前に「デジタルハリウッド」と名付けたのも、まったく同様の理由。今、日本のデジタルコンテンツ産業は、とてもモジュラリティが高くなっていると思うのである。ということは、ベンチャーが成功しやすい環境に日本もなってきているのかな?

講演が終わっての懇親会で、ファイゲンバウム先生とスタンフォード大学に所属されていたこともある石黒さんの2ショットを撮らせてもらったのだった。ファイゲンバウム先生は、なんと日本で、東京フォーラムでの第九の合唱に参加してから帰国するのだそうだ。

懇親会を途中で失礼して、午後6時半に秋葉原の大学へ。今晩は、ここで第99回を迎えた「デジコンサロン」の会合があるのだ。当時、ニッポン放送にいらっしゃった西尾安裕さんが15年前に始められ、毎年、年末には、東大教授の浜野保樹先生が、一年間のコンテンツ産業の総括を行うことになっているのだ。

デジタルハリウッドの院生や学生も参加したが、参加者の多くは、長い間、情報産業に関わってきた方々やジャーナリストの方々だ。

浜野先生は、今年はgoogleの年だったとした上で、iPodの話へも広がっていった。また99回ということで、ここ15年間の懐かしい写真を見せながら、いくつものプレヤーが、じつにいろいろなトライをしてきたことを思い出させてくれた。後半からは、ぼくも講演に参加して、いろいろと発言させていただいた。

その後、恒例の懇親会。学生たちも積極的に話しに加わっていた。最後にみんなで記念撮影(写真Click!)。午後10時過ぎに終了。

その後、東京校に戻って、午前2時まで仕事。ぼくにとっては、なぜか、20年間ぐらいの情報産業やコンテンツ産業の歴史を、生々しく思い出す日となったのだった。


この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック
さてブログも普及途上だがホストブログも増えてきた。 私がブックマークしているだけでも20件はある。 私が始めた2月には私を含め3件しかなかったのに・・・。㊟出張ホストブログを除く 箱ホスでブログを始めたのは私が3番目だと自負している。どうでもい....
ホストブログ 【 歌舞伎町ホスト日記 】at December 17, 2005 07:23
この記事へのコメント
デジコンサロン、お疲れ様でした。
なんだか同窓会のような雰囲気の中、お邪魔してしまってすみませんでした。
お陰さまで、非常に充実した時間を過ごすことができました!
デジハリ大に来てヨカッタです
Posted by N at December 13, 2005 03:10