プロフィール
プロフィール
杉山知之
デジタルハリウッド 学長
デジタルハリウッド大学 学長
デジタルハリウッド大学院 学長
工学博士
1954年東京都生まれ。
1979年、日本大学大学院理工学研究科修了後、日本大学理工学部助手。87年より、MITメディア・ラボ客員研究員として3年間活動。90年、国際メディア研究財団・主任研究員、93年、日本大学短期大学部専任講師を経て、94年10月、デジタルハリウッド設立。以来、クリエイターの育成、インターネットビジネスの発展に力を注いでいる。
 デジハリ創立10周年となる2004年、開校当初からの念願であった、デジタルコンテンツ専門の「デジタルハリウッド大学院」を開学。同年11月、IT×英語&留学×クリエイティブを学ぶ「デジタルハリウッド大学」が文部科学省認可。学長に就任。2005年4月開学。2008年10月、「コンテンツ学会」副会長に就任。
【委員】
デジタルラジオ推進協会・番組審議会委員 その他、CG-ARTS協会、デジタルコンテンツ協会などの委員を歴任。
NPO法人 エコロジー・カフェ理事、NPO法人 VIPO(映像産業振興機構)理事。
福岡コンテンツ産業拠点推進会議、マルチメディア放送ビジネスフォーラム、メタバース協会の会長、コンテンツ学会の副会長を務める。
また、毎年、多くのデジタルコンテンツのコンテストの審査員を務めている。
【著書】
「デジタル書斎の知的活用術」(岩波アクティブ新書)
「ポストITは日本が勝つ!」(アスキー出版)
「デジタル・ストリーム・未来のリ・デザイニング」(NTT出版)
「クール・ジャパン 世界が買いたがる日本」(祥伝社)
「クリエイター・スピリットとは何か?」(ちくまプリマー新書)
What's DIGITFUL WORLD
DIGITFUL WORLDとは
DIGITFUL WORLD
音楽がCDになった1982年、人はすべての表現がデジタル化することを進歩とした。 1983年、ファミコンは、コンピュータゲームの飛躍的発展を約束した。 本をCD-ROMしようとしたとき、世界にたくさんのデジタルツールが出現した。 CGは、ビジュアル表現に革命を起こし、映画をアニメを変化させた。 1994年PlayStationは、すべてのゲームを3Dへと導いた。 1995年、インターネットは突如、人々の生活空間とリンクした。
PCのスピードと容量の飛躍的な増大は、写真も映画もあらゆる映像をデジタルで扱うことを当たり前にした。20世紀のメディアの覇者テレビは、それでも最期までアナログだった。しかし2011年、アナログ電波は停止する。人の持つ主要メディアがデジタルになった。これがゴールだったのだろうか?
21世紀、ぼくたちは街で生活をする。デジタル情報はぼくの目には見えない。飛び交うケータイのデジタル情報、GPS信号、商品につけられた電子タグ、街はデジタルで溢れている。その中をぼくは歩く。無数の監視カメラがぼくを捉え、デジタル映像として、ハードディスクに書き込んでいく。一度システムがスタートしてしまえば、人が関わらずともデジタル化は進む。
主要なメディアがデジタルとなり、人の動きもモノの動きもデジタル化できた。しかし、みんなバラバラで、繋がっていない。デジタル化することがゴールじゃない! デジタル化されたからこそ、すべてを有機的にリンクすることが始められるのだ!デジタルコミュニケーションが爆発する世界が見えている。
そう、この世界を、ぼくは、「DIGITFUL WORLD」と呼びたい!今、やっとスタート地点に近づいている。デジタルが本当に人類に役に立つのは、これからなのだ。
DIGITFUL WORLDは、
knowledgeful, useful, wonderful, beautiful, powerful,
そしてsoulful!
知恵を出すときだ!
より良い人類として地球に存在するために!
DIGITAL HOLLYWOOD
デジタルハリウッド
デジタルハリウッド
日本初の産学協同クリエイター養成スクール。つねに最新の産業界のニーズをキャッチし、カリキュラムに反映。現在、卒業生は4万人以上。ゲーム、映画、CG映像、WEBデザイン、ネットビジネスなど様々なコンテンツ産業で働くデジタルクリエイターを数多く輩出しています。
デジタルハリウッド
デジタルハリウッド大学
IT×英語&留学×クリエイティブを徹底習得。Web、TV、ゲーム、アニメ、映画、出版、音楽、ラジオの業界で国際的に活躍する人材育成を目指す4年制大学。2005年4月開学。
デジタルハリウッド大学
デジタルハリウッド大学院
業界が生み出す日本唯一のデジタルコンテンツの最高学府となる専門職大学院として、2004年4月に開学。ITとコンテンツの融合が進む、ブロードバンド・ユビキタス社会において、グローバルなフィールドで真価を発揮できる人材育成を主眼としています。
デジタルハリウッド大学院
デジハリ・オンラインスクール(通信講座)
「デジハリ・オンラインスクール」は、グラフィック・DTP・Webデザインを学習いただけるeラーニング/通信講座をご提供しています。スクールに通うことなくインターネットを通じて、教室の授業を自宅で受講!好きな場所から臨場感たっぷりの授業をリアルタイムに受講することができます。
オンラインスクール(通信講座)

October 31, 2008

藤原ヒロシ『Hi & Lo』展へ

Click!
午前10時半、直接、御茶ノ水の東京本校内の本部へ。そこにぼくのデスクがあるので、午前中は、そこで仕事。

午後1時半、定例の取締役会。3時に終了。その後、東京本校の事務局で、しばらくスタッフと打ち合わせ。

午後3時半、徒歩で秋葉原のオフィスへ。しばらく、部屋で通常業務。

午後7時半、広尾のカイカイキキのギャラリーへ。今日は、村上隆プロデュースによる藤原ヒロシ『Hi & Lo』展のオープニングなのだ。

会場では、村上さんが自ら、ゲストを迎え入れていらした(写真)。ぼくもさっそく挨拶。今、村上さんの元には、デジタルハリウッド出身のCGアニメーターが5人在籍しているとのこと。今後も採用したいとのこと、有り難い話だ。

さて、オープニングとあって、集まってきた人々は、ぼくの世代の言葉なので、もう死語なのだろうけど、ヒップな感じの人々ばかり。

年齢は30代の人が多いように感じた。今、このあたりの世代の人が、Tokyoのインターナショナルな文化を引っ張っているのだろう(写真Click!)。久しぶりに懐かしい方にも会うことができた。

午後8時半、秋葉原のオフィスへ戻り、メールチェックなどを行って、10時に仕事を終了としたのだった。ちょっと楽しい夜だった。


  

Posted by mojosgy at 22:00 Comments( 0 )TrackBack( 0 )

October 30, 2008

講義に、Internet Robot登場

Click!
午前中、御茶ノ水の東京本校に寄って、スタッフと打ち合わせ。11時に秋葉原へ徒歩で向かう。

いつものように御茶ノ水橋を渡る。ここからお堀を西方向に見た景色も、空気感がいかにも秋という感じになってきた(写真Click!)。

オフィスでしばらく仕事をして、12時半にメインキャンパスへ。今日は、午後1時から「デジタルコンテンツビジネストレンド」の講義。

今日のゲストは、Internet Robotというコンセプトで、研究開発を進めているスピーシーズ社の春日知昭社長とSPC-101C(写真)。

実際にロボットが動いているところを直に見たことがなかった学生もいたので、その驚くほど素早く、また人間的な動きに衝撃を受けた学生も大勢いたようだ。

春日社長は、SONYでVaioからAIBOまで開発に関わってきた方。その春日さんは、「ロボットは、パソコンが歩いているようなもの」と捉えているとのこと。

SPC-101Cは、優秀な振り付け師によるプログラミングがされているので、ロボットっぽくない動きをする。とくに転げ回って笑うシークエンスは、何度見ても、ロボットに感情があるように感じてしまう。そのあたりに、なにかロボットが社会に役立つことがあるのだと思った。

講義が終わって、オフィスに戻り、そのまま篭もって仕事。10月中、CoFestaがらみで、いろいろな資料をいただいたのだが、それらをざっとチェックして、読み込むものは、じっくり読んだ。

普段、ネットで検索して、文章を読むことが多いのだが、いつの間にか、斜め読みが身につきすぎてしまった感じがする。ちゃんと文章を読むことも忘れてはいけないね。

10時半まで仕事をして本日終了とした。


  
Posted by mojosgy at 22:30 Comments( 5 )TrackBack( 0 )

October 29, 2008

コンテンツ学会設立記念講演・第2回

Click!
6時に起床。8時には、御茶ノ水の東京本校の斜め前のスタバに居た。今日の前半は、会議漬けとなるので、ちょっとコーヒーで頭を起こそうということ。

ぼくは、寒くない時期は、まずアイスのラテしか頼まない。しかし今日はもう寒い。というわけで、暖かいカプチーノ、それにクロワッサンを食べた。

8時半、東京本校の会議室に入り、メールチェック。9時から経営会議。11時半に終了し、12時からは、引き続きボードミーティング。いろいろと議題があり、午後2時過ぎまでやる。

午後3時に、徒歩で秋葉原のオフィスへ移動。12月、アジアで初めてシンガポールで開催されるSIGGRAPH ASIAへの出張の手配を始める。

海外出張といっても、今は、フライトもホテルもすべてネットから手配できてしまうから便利なのだが、航空会社により値段も違うし、同じホテルでも、仲介サイトによって設定されている値段が異なるので、いろいろ比較が必要だ。

午後6時半、今日は、ぼくのオフィスがあるセカンドキャンパスで、コンテンツ学会設立記念講演シリーズ第2回が始まった。

本日のテーマは「デジタル・ネットワークとコンテンツ規制」で、講師は、情報通信総合研究所の小向太郎さん(写真)。

昨年から、ケータイコンテンツ業界を震撼とさせた問題も含んでいるため、参加者の関心は高かったようだ(写真Click!)。そして、十分に質疑応答に時間を取るのも、このシリーズの特徴。とても良いことだね。

さて、設立記念講演シリーズ3回目、4回目は、デジタルハリウッド大学メインキャンパスで行われる。詳しくは、コンテンツ学会サイトへ。一人でも多くの方々に参加していただきたく思っている。

講演が終わり、その後は、またオフィスに戻って仕事を続けて10時半に本日終了とした。


  
Posted by mojosgy at 22:30 Comments( 0 )TrackBack( 0 )

October 28, 2008

落ち着いた1日

Click!
なぜか、朝5時に目が覚めてしまったので、秋葉原のオフィスに9時までに入る。

11時半に朝食も兼ねて、メインキャンパスの隣にあるマクドナルドへ。理由は、辛いものが好きなぼくとしては、新発売のJuicy Chicken 赤とうがらしを食べてみたかったのだ。やっぱり時間が無いときに、ホットスポットでもある、ご近所のマクドナルドは有り難い存在だ。

午後2時、オフィスに友人が訪ねてきて、昨今の経済状態について、いろいろ説明をしてくれた。

午後4時半から、セカンドキャンパスで定例の大学カリキュラム会議。今日もたっぷり2時間ほどやる。

午後6時半、放課後ということで、セカンドキャンパスの7階のラウンジでは、学生たちが寛いで、DSで対戦ゲームをやっていた(写真Click!)。

ぼくが大学生の頃は、授業が終われば、喫茶店にみんなで行くか、雀荘へ行くかというというパターンがあった。

それが現在では、PSPやDSを囲むということになっている感じだ。学生たちの間では、PSPとDSは本当に普及している。

午後8時半、メインキャンパスへ。ハロウィーンということで、大学院生が作ったという飾り付けがあった(写真)。

ハロウィーンって、日本には根付いてこなかったイベントだと思うのだが、若い人たちの中では、受け入れられてきているような気がする。

午後9時、今日は、ちょっと寝不足なので、仕事を早めに切り上げた。


  
Posted by mojosgy at 22:30 Comments( 1 )TrackBack( 0 )

October 27, 2008

「斜塔〜シャトウ〜」を見る

Click!
土日、活動していたので、ちょっとゆっくり11時半に秋葉原のオフィスへ。

今日は、オフという予定だったのだが、いろいろオフィスでやりたいこともあって出てきた。

午後6時、初台の新国立劇場へ。今日は、ここの小劇場で行われる「斜塔〜シャトウ〜」を見るのだ。もちろん、脚本と演出は、岡本貴也さん(写真)。劇場には、月曜日の夜にもかかわらず大勢の観客の方が足を運んでいた。

いつもは必ず笑えるところもあるお芝居を創る岡本貴也さんなのだが、今回の芝居は、最初から最後まで超シリアス路線と事前に聞いていたので、ぼくの気持ちもシリアスにして座席についた。

今回のお芝居も、デジタルハリウッドエンタテインメントのプロデュースということで、出演者は演劇界というより、芸能界の若手の俳優さんが多い。

舞台経験は、演技力を開花させるには、最高の場だ。ファンの方は、毎日通って、芝居が変化していくことを楽しむ方も多い。

密度が濃い舞台で、あっという間の2時間だった。公演後、さっそく楽屋へ向かう。さすがに国立劇場、民間の小屋とは比べものにならないほど、バックステージ空間が充実している。

楽屋の通路で、プロデューサーの木村元子さんが、出演者の荒木宏文さんと永山たかしさんを紹介してくれた。さすがに人気役者さん、グッドルッキングというのはもちろんだけど、やっぱりオーラが出ていた(写真Click!)。。

楽屋訪問を終えて、新国立劇場の裏のほうにあるイタリアンレストランへ。いっしょに観劇したデジタルハリウッドのスタッフたちと夕食。しばらくして岡本貴也さんもやってきて、楽しい話で盛り上がったのだった。


  
Posted by mojosgy at 23:59 Comments( 0 )TrackBack( 0 )

October 26, 2008

東京国際映画祭クロージングセレモニー

Click!
午後1時過ぎ、渋谷校にちょっと寄ってスタッフと歓談した後、渋谷文化村オーチャードホールへ。

今日は、東京国際映画祭の最終日で、クロージングセレモニーがあるのだ。エントランスホールでは、今回の映画祭のチェアマンである依田会長と依田会長の右腕となって補佐をされた水口さんが、関係者の方々に丁寧に対応していた(写真)。

依田会長は、長くエイベックスの社長を務められた方、そして水口さんはセガでゲーム開発を行ってきた方。この映画業界が出発でなかった方々だったからこそ、これまでの慣例や慣習に縛られることなく、たくさんの新しい試みを行うことができたのではないだろうか?

午後2時から、オーチャードホールで授賞式。受賞した監督やプロデューサーたちが現す喜びの表情やコメントが、それぞれとても違っていて、その様子にオーディエンスも反応する。

その雰囲気の中に居られるというのは、テレビなどで見るのとは、ぜんぜん違う体験。今日は、CoFesta関連のイベントがいくつも重なっているのだが、この会場に来て良かったと思った。

そういえば、会場となっているオーチャードホール、ぼくが1985年から1年ほどかけてコンピュータシミュレーションで、建築音響設計を行ったホール。壁面のすべての形が、ぼくには懐かしい。

さて、クロージングでは、多くの方々からレッドカーペットではなく「グリーンカーペット」とすることで、地球環境問題にフォーカスしたこの映画祭について、素晴らしい取り組みだというコメントが寄せられた。

その後、この映画祭の最期を飾る特別招待作品としてピクサーの「WALL-E」が上映された。まさに今回の東京国際映画祭のテーマにぴったりの内容だった。

エントランスを出ると、グリーンカーペットの前に実物大の「WALL-E」が待っていた。ということで、もちろん撮影(写真Click!)。

午後6時半からは、渋谷文化村の1階で、映画祭関係者の方々が招かれてのパーティ。ここでも、いろいろな方々が挨拶に立たれたのだが、一番びっくりしたのは、映画祭のコンペティション部門の審査委員長を務められたハリウッド俳優のジョン・ボイドさんが、三船敏郎さんの演技を、そのままステージで再現してくれたことだ。

じつは日本ではネガが破棄されていた黒澤明監督の「羅生門」を、今年、アメリカの映画芸術科学アカデミーが協力し、角川映画と共同でデジタル復元をしたのだ。その上映が、ここオーチャードホールで土曜日に行われ、若いとき「羅生門」に多大な影響を受けて俳優を志したというジョン・ボイドさんも、それを見たとのことだった。

和やかなで楽しいパーティだった。午後8時半、ぼくはパーティを後にして本日終了。

さて、秋葉原では、CoFestaのイベントに、麻生首相が参加。さらに街頭演説もされたそうで、たいへんな盛り上がりだったとか。

ますます集積度があがってきた感のあるCoFesta、月曜日と火曜日に行われる「東京コンテンツマーケット2008」でフィナーレだ。


  
Posted by mojosgy at 23:30 Comments( 1 )TrackBack( 0 )

ASIAGRAPHを見る

Click!
朝9時に息子と家を出て、お台場の日本科学未来館に向かう。今日の午前中は、CoFestaのイベントのひとつでもあるDIGITAL CONTENTS EXPOを見るのだ。

10時に会場に着き、さっそく、いろいろな展示を見始める。インターラクティブの体験型の展示が、いろいろな工学系の大学や企業から出ていて楽しめる。

キヤノンからは、お得意のMixed Reality技術の展示。ディスプレイ装置を両手で支えて、現実空間を覗くと、そこにたくさんの魚たちが泳いでいるというリアル空間とバーチャルを重ね合わせてしまうコンテンツ(写真)。このコンテンツ開発には、本学で教える向井教員らが関わっているそうだ。

ぼくのお目当ては、喜多見康先生の努力でアジアから広く作品が集まったASIAGRAPH。今回は、JAIF(日ASEAN基金)と日本外務省の後援を得ることができ、ASAEAN各国に参加を呼びかけることができたのだ。素晴らしいことだ。

会場には、通常の作品展示と共に、縦長のバナーとなった優秀作品が飾られており、とても良い展示(写真Click!)となっていた。ここでASIAGRAPH参加の常連となっているアーティスト須藤健斗くんとも再会。小学生の頃から注目されてきた彼も16歳だ。

12時半まで、いろいろと見た後、息子と別れて、ぼくは渋谷のオーチャードホールへ向かった。

本日の後半は、もうひとつブログをアップ予定。

  
Posted by mojosgy at 13:00 Comments( 0 )TrackBack( 0 )

October 25, 2008

「こどもHPコンテスト」表彰式で

Click!
午前11時半、JR田町駅から慶応大学へ向かう。途中のマクドナルドに入ってブランチ。

さっそくここで、iPod touchを出してネットに接続。常にネットに繋がらないのが、iPhoneと比べての弱点のtouch。街中では、ホットスポットで繋げることになる。

ぼくが入っているネット接続サービスは、ヨドバシカメラが用意しているWIRELESS GATEのオリジナルプランで、なんと使い放題で月額380円。これなら納得の値段だね。

12時、慶応大学のデジタルメディア・コンテンツ統合研究機構のグローバルスタジオに、審査員たちが集合。今日は、毎年恒例の「週刊アスキー主催こどもHPコンテスト」の表彰式なのだ。

午後1時から表彰式が始まる。全国から入賞した子供たちが駆けつけてくれていた(写真Click!)。審査結果は、週刊アスキー誌面に任せるとして、ぼくにとっては、とくにうれしいことが一つあった。

それは、2000年にデジタルハリウッド東京本校で学んだというお父さんを持つ小学校2年生と4年生の兄弟がダブルで入賞していたことだ。ということで、その加藤家を記念撮影させていただいた(写真)。

実は、ぼくは1994年、デジタルハリウッドを設立したとき、集まってくれた最初の受講生たちに、「デジタルコミュニケーションを本当に使いこなせるのは、あなたたちの子供たちの世代」と話していた。大学にもすでに、お母さんがデジタルハリウッドの卒業生という学生もいる。

昨今、ネットが子供たちを犯罪に巻き込むという観点から、子供たちからパソコンを遠ざける動きがある。ぼくは、その方向は理解できるのである。熱心な学校現場の先生など、正しく導く指導者が身近にいない状況で、子供たちがネット世界に深入りすることは薦められないと思うからである。

だからこそ、ぼくはデジタルハリウッドの卒業生たちに期待をしているのである。彼らが父母になったとき、彼らの子供たちは、きっと良い方向でデジタルコミュニケーションを身につけてくれると信じてきたからだ。

今日は、まさにその例に出会うことができた。ぼくにとっては感動の対面だったのだ。

午後3時、秋葉原メインキャンパスへ到着。さっそく、オープンキャンパスに来ていた高校生たちに挨拶。

その後、セカンドキャンパスのオフィスで午後7時まで仕事をして本日終了。
  
Posted by mojosgy at 22:30 Comments( 1 )TrackBack( 0 )

October 24, 2008

「スーパーサイエンスキッズ」第1次審査会

Click!
ちょっと遅く、午前11時にオフィスへ。

午後3時半、「スーパーサイエンスキッズ」第1回コンテスト1次審査会で、市ヶ谷の日本ヒューレットパッカード社へ。

未来のレオナルド・ダビンチとなるかもしれない子供たちを支援しようと始まったこの活動も、だいぶ歴史を重ねてきて、HP社の社会貢献活動という枠を超えた存在にも成長しようとしている。

この活動の中心を支えるのが、HP社のスーパーサイエンスキッズ実行委員会委員長の瓜谷輝之さん(写真)。こういう方の熱意によって、素晴らしい活動が続けていけるのだと思うのである。

今日、審査するものは、パソコンの父と呼ばれるアラン・ケー博士が、世界の子供たちに向けて無料公開しているプログラム環境スクイークで創作されたもの。

毎回のことだが、子供たちの思考の過程を理解しなければならないので、審査員たちも頭を使う審査となる(写真Click!)。科学もの、ストーリーもの、共にとても楽しい作品が多かった。今年の応募は、まだまだ続くのこれからが楽しみだ。午後6時に審査会は終了。すぐに秋葉原のオフィスへ戻る。

6時半から、大学事務局スタッフとミーティング。その後、五反田へ行き、広告系業界人とミーティング。午後10時終了して、本日終了。

  
Posted by mojosgy at 23:30 Comments( 1 )TrackBack( 0 )

October 23, 2008

「僕らの方程式」を見る

Click!
午前中は、セカンドキャンパスのオフィス。12時半にメインキャンパスへ。

今日の「デジタルコンテンツビジネストレンド」のゲスト講師は、デジタルサイネージ総研の所長・板東穣さん。板東さんは建築家という面も持ちながらも、長くデジタルコンテンツに関わってきた方。

建築家らしく、都市や建築の未来をビジュアライズしたときに、デジタルサイネージという新たな風景が見えてきたのだと思う。世界中から、実際にいろいろな例を示してくれて、学生たちも、デジタルサイネージの可能性に感動していたようだった。

午後5時班、渋谷校へ。しばらくスタッフと雑談。午後6時半、渋谷校からすぐの渋谷シアターTSUTAYAへ。今日は、やっと「僕らの方程式 を見るのだ。

スギヤマスタイルでもすでに紹介したように、この映画、原案が卒業生、脚本は本学の岡本貴也先生ということもあるのだが、ロケ地が、大学の八王子スタジオということで、ぼくはどうしても見たかったのだ。

けっこう手に汗握る展開。若手のイケメン俳優さんたちも頑張っていて、十分楽しめる映画だった。

さて映画って、やっぱりマジックだと思った。隅々までよく知っている元小学校の校舎である八王子スタジオが、高校に見えるばかりでなく、いろいろな施設に化けていた。

子供たちが遊ぶ公園のシーンは、じつは遊具の置いてある校庭。確かに公園のシーンに使えると、自分が前に撮った写真で確認したのであった(写真Click!)。

映画が終わって、いっしょに映画を見た大学スタッフたちと共に、渋谷で夕食をして、本日終了。


  
Posted by mojosgy at 23:45 Comments( 0 )TrackBack( 0 )

October 22, 2008

会議と事務作業の1日

Click!
午前8時半、東京本校へ。いつものように午前9時から経営会議。11時から引き続きボードミーティング。お昼に終了して、2階の東京本校事務局へ。

専門スクールの運営チームは、いつも、いろいろ工夫を凝らして、受講生たちの作品を校舎内に展示している。今回、初めての試みとして、エレベーターホールのところに、黒バックを設置して、課題を展示していた。たしかに作品が目立っていいね(写真Click!)。

午後2時半、放送作家でメディアプロデューサーの豊田俊一さんとオフィスでミーティング。新規ビジネスの話を聞かせていただいた。

午後4時、サードキャンパスへ移動。定例の大学マネージャー会議。

その後、サードキャンパスで実習をやっている学生たちとコミュニケーション。制作中の作品を見せてもらった。

午後7時、オフィスに戻る。ちょうどApple Storeから届いていたApple USB電源アダプタ(写真)で、さっそくiPod touchの充電をした。

この電源アダプタ、まるでコンセントサイズ。素晴らしいサイズダウンだ。ここまで容積が小さくなるなら、さらに薄くなってくれると、可搬性が良いのにと欲張りな感想。

その後は、スタッフと共に、いろいろと事務的な仕事をこなした。11時過ぎに仕事終了とした。
  
Posted by mojosgy at 23:15 Comments( 1 )TrackBack( 0 )

October 21, 2008

コンテンツ学会設立記念講演シリーズ開始

Click!
午前9時に御茶ノ水東京本校へ。ちょっと打ち合わせをして、JRで秋葉原メインキャンパスへ。

10時、シリコンバレーにキャンパスを持つCogswell Polytechnical Colledgeの学長Chester Haskell博士とJun Aida理事が、デジタルハリウッド大学を訪問された。

Cogswell Polytechnical Colledgeは、現在「The Fusion of Art and Engineering」をキャッチフレーズとしており、コンピュータサイエンス系の講座以外
は、驚くほど講座の種類が、デジタルハリウッド大学に似ていた。また教員たちのほとんどが、実務家教員というところも同じだった。

専門は時代と共に変化してきたとのことだが、なんと125年もの学校としての歴史を持っているとのこと。規模は追求せず、ずっと小規模校の良さを伝統としてきたとのこと。

ぼくは、デジタルハリウッドを開学以来、日本のみならず世界の各国から、大学関係者の訪問を受けたが、コンセプトや育てたい人材像も含めて、ここまで共通点がある大学は初めてだった。今後の交流を約束して、今日のミーティングは終了した。

午後2時、Tokyo Consulting Groupの久野康成CEOが、オフィスにいらした。お会いするのは今日が初めて、人材育成について、いろいろと具体的なお話を聞かせてくれた。

久野さんは、インドにもオフィス設立され、今年、「インドの投資・会計・税務の基本」を上梓。前に出された「できる若者は3年で辞める!―伸びる会社はできる人よりネクストリーダーを育てる」という本と共に、プレゼントしてくれた。

ミーティング後に、早速読んでみたのだけど、題名はちょっと堅いけれど、内容は、インドでのビジネスについて平易に語られていて、インド文化を知るという観点だけからも、楽しいものだった。

午後5時半、東京本校へ移動。今日は、1階セミナールームで、コンテンツ学会設立記念講演シリーズの第1回が催されるのだ。

午後6時半ショートノーティスにもかかわらず、40人近い人が集まってきた(写真Click!)。今日の講師は、NTTサイバーソリューション研究所の岸上順一所長。テーマは「IPTVの目指す新しいサービスとは」というタイムリーなもの。

1時間余りの講演の後、会場に集まった方々との質疑応答が始まる。設立総会の時も、そうだったのだが、この部分で盛り上がるのが、コンテンツ学会の伝統になりそうな雰囲気だ。

これから、ほぼ毎週予定されている設立記念講演シリーズが楽しみだ。講演終了後、その場で学会に入会される方も多くいらした。良い学会に育てねばと、さらに意を強くしたのであった。
  
Posted by mojosgy at 23:45 Comments( 0 )TrackBack( 0 )

October 20, 2008

「僕らの方程式」絶賛公開中!

Click!
午前10時、秋葉原メインキャンパスへ。11時から定例の大学教員会議。メイントピックは、再来年度以降のカリキュラム変更案について説明。予定通り12時45分に終了。

午後2時半、セカンドキャンパスで、自己点検委員会。その後、自分のオフィスで仕事に入った。

学内には、いつも、いろいろな散らしが置かれているのだが、その一つを見て、報告しなければならないことを思い出した(写真Click!)。。それは、映画「僕らの方程式」についてだ。

今、渋谷TSUTATAシアターなどで、「僕らの方程式」が公開となっている。この映画、これからブレイクしそうな若手俳優さんたちが出演していることで、かなり話題になっているとのこと。

しかし、ぼくとしては、まず、この映画の原案が、アメリカ西海岸サンタモニカにあったデジタルハリウッド米国校を卒業した米田理恵さん、脚本は、本学教員でもある岡本貴也さんというところに注目。

そして、この映画のキャッチに「こいつら学校立て篭り誘拐犯。」とあるのだが、その学校としてのロケ地が、デジタルハリウッド大学八王子スタジオなのだ。ぼくたちに馴染みのある校舎が、映画の中でいかに映し出されているのか、ぜひ観たいと思っている。

実は、今晩、見に行こうかと思ったのだが、思い立ったのが急過ぎて、仕事が終わらず、今週のどこかで行くことにした。

大学の6時間目、セカンドキャンパスに大政和郎先生(写真)が、講義のためにいらした。と敬語で書くものの、大政先生は、じつはぼくの海城高校時代の同級生。営業職から人事管理のスペシャリストになり、いくつかの会社の役員や社長を歴任してきた彼は、今や経営コンサルタントとして自分の看板で仕事をしている。

そして、その経験を「プロデューサーとアントレプレナーのための事業計画」という講座で伝えてくれている。学生たちは、授業内課題に取り組み、自分たちで答えを創造していくことで、事業計画というものを身に付けていくのだ。ぼくが今、大学生だったら、ぜひ受けてみたい講座だね。

今日は、午後10時、本日終了。

  
Posted by mojosgy at 22:00 Comments( 1 )TrackBack( 0 )

October 19, 2008

本日オフ

Click!
本日オフ。オフの日は、現状では、高円寺では規模の大きいほうのブックスオオトリへ行くのだが、今日は、昨日の東京国際映画祭のオープニングセレモニーでもらったエコバック(写真)を持っていく。

エコロジーへの取り組みを明確に示した映画祭というのは、世界でも初めてなのではないだろうか? 実際、映画祭で使われる電力も「グリーン電力」が使われているのだ。

いつものように仲通りを高円寺駅方向に歩いていくと、木曜日にオープンしたばかりのスーパー「TESCO express」の店先に目玉商品が山積みにされていた。街の生活に密着した中規模スーパーというのがコンセプトのようだ。

TESCO本体はイギリスの会社、TESCO express 高円寺店にも、TESCOブランドのオリジナル商品が置いてあって、そのへんが面白い。まあ、基本コンビニ+生鮮食品というような店だ。

何冊かの本と雑誌を買い込み、家で読書。気がつくと午後9時。ジョンの店へ行き、夕食を食べさせてもらって、本日終了。
  
Posted by mojosgy at 22:45 Comments( 0 )TrackBack( 0 )

October 18, 2008

東京国際映画祭オープニングセレモニー

Click!
午前11時まで寝て、鋭気を養う。ランチは、高円寺の仲通りの奥のほうにオープンしたアジア料理の「クリシュナ」で食べる。

水を一切使わないオリジナルカレーを売り物にしているのだが、トムヤンクンスープやベトナム風の春巻きなどもメニューにあるという店。高円寺は、レストランの激戦地区。シェフに高円寺のお客さんは厳しいけど、味を大切に頑張ってと声をかけた。

さて、今日は、21回 東京国際映画祭第のオープニングセレモニーへ行くのだ。

午後3時過ぎ、タキシードで正装。今日のために予め送られてきたグリーンタイとチーフ(写真)を身につけた。なぜ、正装なのにブラックタイじゃないのかと言えば、それは東京国際映画祭の今回のテーマに「地球環境を守る」というエコロジーのコンセプトが入っているからである。このグリーンタイ自体がリサイクル素材で、使用後に適切な場所に送るために封筒まで同梱されてきた。なかなか徹底している。

4時半過ぎ、六本木ヒルズへ着く。すでにけやき坂は、レッドカーペットならぬグリーンカーペットを歩く人気俳優たちを見ようと、たいへんな数の人たちが集まっていた。

ぼくは、CoFestaの百人委員会のひとりになっている関係から、この長いグリーンカーペットを歩いて良いことになっているわけだが、こんなおっさんが歩いてもなあと思うのである。

午後5時には、オープニング・セレモニーが行われるTOHOシネマズ六本木ヒルズ最大の7ホールへ。スクリーンには、ぞくぞくとグリーンカーペットを登ってくる俳優さんや監督さんたちが映し出されている。もちろん、この様子はネット中継もされている。

そんな中、いよいよ最期、今回のオープニングムービーとなった「レッドクリフ」の主演トニー・レオンさんや金城武さんらキャストたちとジョン・ウー監督夫妻と共に、なんと麻生首相が登場。大きな歓声が上がったのだった。

午後6時過ぎ、セレモニーが始まり、麻生首相が挨拶に立った(写真Click!)。21回の歴史を持つ東京国際映画祭だが、首相が参加されたのは初めてのこと。「私は漫画好きとして有名」と挨拶が始まった。

午後7時、麻生首相、二階大臣、甘利大臣を始め、省庁の官僚の方々、経団連御手洗会長、多くの財界人、そしてたくさんの俳優の方々が集まった中、「レッドクリフ Part I」の上映が始まった。

エイベックスグループが20周年記念ということで大きな資金を出し、総額100億円の制作費がかけられている。日本映画の現状からは考えられない規模だ。すでに先行上映されている中国本土では、大ヒットになっているとのこと。2時間半まさに、かの三国志の世界に入り込んだという感じがした。

さて、その後、場所を隣のGrand HyattのGrand Ball Roomに移し、Green-Tie Gala Dinner。午後10時から始まる晩餐会というのは、日本では珍しいけれど欧米では普通。しかし、たいへん申し訳ないと今年の東京国際映画祭のチェアマン依田巽さんが挨拶。

初めての試みとは言え、依田会長が隅々まで心配りをしての晩餐会。お酒類も、地産地消ということで、ワインもすべて日本のもの。料理も米をテーマに日本の若きミシュラン一つ星シェフが腕を振った。そして、テーブルでもエコということで、持ち運べる組み立て式のお箸セットが全員に用意されていた。

途中、「レッドクリフ」の全世界主題歌を、中国人歌手でエイベックスが一押しのalanさんが、日本語版を披露。

着席での晩餐会とはいえ、途中、何度も席を離れ、お世話になってきた多くの業界の先輩たちに挨拶をすることができた。どんどん会場が打ち解けてきたところで、最期に、平原綾香さんが登場。東京国際映画祭のテーマ曲となった「Jupiter」を熱唱。彼女の独特な歌唱法は、生で聴くと素晴らしいものだった。

午前0時半、お開きとなり、本日終了。

  
Posted by mojosgy at 23:59 Comments( 0 )TrackBack( 0 )

October 17, 2008

WEB業界の仲間と懇親会

Click!
朝、15年乗っている車の車検のためサービス工場へ車を入れて、その足で秋葉原セカンドキャンパスへ。

今日は、たまたま外部の方とのアポや内部会議が無く、ほぼオフィスに籠もって、書類の整理、PC内のファイルの整理、そして郵便物の整理などをしながら、いろいろなところにメールを打ち続けた。

午後8時過ぎに、オフィスを出て、恵比寿のINISHMOREという店へ。今日は、ここでITデジタル系の中堅で活躍する方々が集まって懇親会。

この会、2ヶ月に一度ぐらいのペースでやっているのだが、まさに今を創っている人たちの集まりなので、とても刺激的だ。ぼくを誘ってくれるのは、Bluesさんこと、IMJの柳澤プロデューサー(写真)。初期のデジタルハリウッドのスタッフでもあった方だ。

とにかく、2時間あまり、ワイワイといろいろな方々と話し続ける(写真Click!)。比較的大きな規模の制作系の企業から独立して、仲間たちと起業している方々も多く、話を聞いていても楽しい。

ぼくは、コンテンツ産業に関わるプロたちが、現場レベルで、どんどん横に繋がっていくべきだと思う。その中で、新たなプロジェクトが産まれ、人材が流動し、情報が交換され、スパイラル状に産業が活発に動くと思っているからだ。

午前0時に解散となり、帰宅した。
  
Posted by mojosgy at 23:59 Comments( 0 )TrackBack( 0 )

October 16, 2008

CoFesta2008グランドセレモニー

Click!
朝、直接、秋葉原メインキャンパスへ。11時から、海外の大学との取り組みについて、外部の方を招いてミーティング。

12時半、大学でビデオ撮影や編集を教えている川元先生とミーティング。その後、ランチへ。

午後3時からは、大学院研究会委員会。大学院の来年度以降のカリキュラム変更案について、先生方からいろいろと意見をいただいた。5時に終了。

午後6時過ぎ、秋葉原を出て、原宿の表参道ヒルズへ。今日は、ここの地下3階スペース オーで、CoFesta2008グランドセレモニーがあるのだ。

「JAPAN国際コンテンツフェスティバル(愛称CoFesta)は、ゲーム、アニメ、マンガ・キャラクター、音楽、放送、映画といったコンテンツ産業に関わる各種イベントが連携する世界最大規模の統合的コンテンツフェスティバル」ということで、これからの1ヶ月ほど、多岐にわたるイベントや活動が東京を中心に行われるのだ。

CoFestaのメインキャラクターは、昨年に引き続き、役所広司さん、そして今年のイメージキャラクターは、渡辺謙さんの娘さんで女優デビューした杏さん。2人が登壇すると、場がとても華やかになった。

もちろん、経済産業省や経団連も全面的にバックアップしており、挨拶には、二階俊博経済産業省大臣が登壇した(写真Click!)。

会場では、多くのコンテンツ関連の業界人にお会いすることができたのだが、今日、初めて、現在ISSEY MIAYKEの3代目デザイナーとして大活躍する藤原大さん(写真)に会うことができた。

ぼくが普段着ている服の大半が、藤原さんが、ISSEY MIAYKEグループの中で、革新的なコンセプトを持つA-POCを展開していたときのもの。

今日も、A-POCのスーツを着ていたのだが、それを藤原さんが見つけて、声をかけてくれたのだ。とても嬉しかった。

藤原さんは、デジタルクリエーターたちにとても興味があるとのこと。一度、デジタルハリウッドをご案内することを約束したのだった。

午後9時前、今日のグランドセレモニーは終了。ぼくも原宿から直接帰宅したのだった。

  
Posted by mojosgy at 23:00 Comments( 0 )TrackBack( 0 )

October 15, 2008

普通の日

Click!
朝8時半、御茶ノ水東京本校へ。11時に終了して、そのままボードミーティング。お昼に終わり、徒歩で秋葉原へ移動。

午後3時半まで、セカンドキャンパスのオフィスで仕事。その後、サードキャンパスへ移動し、4時から大学マネージャー会議。この会議は、1週間の動きに関する情報共有という面もあるのだが、いつも今後に向けてのいろいろな議論をかなりつっこんで行う。けっこうエキサイティングだ。

サードキャンパスは、コンピュータを使った演習授業ができる施設となっている。会議の後、Webプログラミング系の授業をしばらく見学(写真Click!)。学生たちがグラフィックデザインやCGを制作している姿は、デジタルハリウッドとして良く紹介されてきてが、全員が、言語を打ち込んでいる姿というのも、コンテンツ制作の代表的な姿だと思うのである。

彼らを見ていたら、自分が大学院生だった頃、いかに美しいプログラミングをするかということに腐心していたことを思い出してしまった。

メインキャンパスに移動し、大学院の川井先生(写真)のゼミを訪ねた。今週初めに川井先生が参加されたワークショップコレクションについて、様子を聞かせていただいた。今年は、ついに一万人ものこどもたちの参加があったとのこと。素晴らしいイベントに育っているなあと思った。

夜は、サードキャンパスのオフィスに戻り仕事。11時半に本日終了。

  
Posted by mojosgy at 23:30 Comments( 0 )TrackBack( 0 )

October 14, 2008

タイ文化庁からの訪問を受ける

Click!
11時直接、秋葉原メインキャンパスへ。1階のEXCELSIOR CAFFEでサンドイッチとアイスコーヒーを買って、事務室へ。しばらくスタッフといろいろ話しながら早めのランチを済ます。

12時、今日はタイからReligious Affairs Dapartment Ministry of CultureのDeputy Director GeneralのPakorn Tansakulさんのミッションが、デジタルハリウッド大学の視察とミーティングのためにいらした(写真Click!)。

まず1時間ほど、ぼくが大学と大学院について説明した。Tansakulさんたちからは、タイの大学で、コンピュータグラフィックスの人材育成をやってきたが、コンピュータサイエンス学部の中でやってきたため、良いクリエーターが育っていないとのことだった。そこでデジタルハリウッド大学のカリキュラムを知りたいということ。今後、交流が進みそうな予感がした。

午後1時からは、デジタルハリウッドエンタテインメントの柳原社長が、ビクターエンタテインメントの越湖信一チーフプロデューサー(写真)と共に、ぼくのオフィスにいらした。

越湖プロデューサーは、ビクターの中で映像制作の仕事を長年されており、数々のヒット映像作品をプロデュースされてきた方だ。。”爆笑問題”さんとも長く映像の仕事をされているとのことで、さっそくDVDをいただいた。何か接点が作れそうな気がした。

午後4時からは、大学のカリキュラム会議。大学のカリキュラムは、今、検討を重ねても、実際に何らかの変更が加わるのが、2〜3年先になる。ということで、常に様々な検討を重ねていかないと、継続的に改善されるということが起きないので、定常的な検討が必要なのだ。今日も3時間、たっぷり話した。

午後7時からは、大学院の面接試験。社会人の方々の受験が多いので、夜の時間に面接試験をしてきている。大学院は、本当にいろいろな産業界から、いろいろなキャリアの方々がいらっしゃっている。

面接後、オフィスで10時半まで仕事をして、本日は少し早めに終了。
  
Posted by mojosgy at 22:30 Comments( 1 )TrackBack( 0 )

October 13, 2008

SIGGRAPH ASIA 4日目

Click!
SIGGRAPH ASIA 4日目。

さすがに、ちょっと疲れが溜まってきて、午前10時に会場へ。じつは昨日から、SIGGRAPH ASIAの会場の中の一つのセミナールームで、Machinima Symposium 2008が始まっており、本学の三淵教授もパネラーとして参加していた。

今日は、そのシンポジウムの2日目。ぼくも途中参加した。Machinimaというのは、例えばSecond Lifeのようなメタバース内の街並や部屋を利用し、アバターたちに俳優となってもらって、そこで撮影を行い、そこで得られた映像を後から編集することによって、いろいろな映像作品を作ることをMachinimaと言っている。

欧米だけでなく、地元シンガポールからも、いろいろな発表が行われた(写真Click!)のだけれど、サンフランシスコのVirtual Space EntertainmentのCEOのRichard Childersさん(写真)の発表はインパクトがあった。

VSE社が進めているBlue Marsプロジェクトは、2150年、火星に人類が移住しているという設定。そこで、地形はNASAからの火星表面の地形データで作られ、そこに水が溜まって海と陸が作られているのだ。

また、誰でもが建物などを自由に作ることができるという設定ではなく、今のところ、西海岸で活躍している多くの映画やゲームの開発者が行っている。ということで、その世界は、これまでのメタバースと比べものにならないぐらい美しいのだ。

また、ここが売りのひとつということだが、Blue Marsで採用された物理エンジンCryTekは、科学シミュレーションでも使われてきたもの。エンタテインメント産業で多く採用されてきたHavokのさらに上に行くスペックとのこと。

また、ひとつのSIMに集まることのできる人数は1万人ほどとのこと。これが本当に実現するなら凄い。来年の中頃に、順次公開となるとのこと。かなり楽しみだ。

このシンポジウムの流れで、今度の15日と16日に、東京でMetaverse & Machinima Symposium 2008を行うことになっており、Richard Childersさんも月曜日に登場することになっている。主催は、Machinima Arts & Sciences 協会、日本オンラインゲーム協会、メタバース協会で、3つの協会が協力する。

ランチを挟んで、午後もMachinima Symposium 2008に参加。その後、夕方はSIGGRAPHのExhibitionのInternational Lobbyで電源とネットを借りて、しばらく仕事。その頃は、もう最終日とあって、参加者も疎らになってきて、各ブースでは、出展者たち同士のコミュニケーションが進んでいる感じだった。

午後6時過ぎ、会場内の残っている知人たちに挨拶をして、Suntec Cityを離れた。今夕まで、SIGGRAPH ASIAの会場とホテルしか知らなかったので、少し回りを散歩した。

午後8時半、チャンギ空港のターミナルに着き、タイレストランを見つけて、夕食。その後、出国手続きをして、ターミナル内で、時間まで、ゆっくり過ごし、午後11時35分のフライトに乗り込んだのであった。

  
Posted by mojosgy at 23:50 Comments( 0 )TrackBack( 0 )

オフ。高円寺ルック商店街へ

Click!
本日オフ。朝7時、いつものように一度起きたのだが、その後、すぐに二度寝へ。起きたら、午後1時。しばらくぶりにじっくり寝た。

外はとても天気が良い。散歩を兼ねて、高円寺PAL商店街から、さらに青梅街道へ抜けるルック商店街まで足を伸ばした。

このルック商店街、歴史がある商店街なのだが、現在は、若い人たちが経営する古着店や輸入ファッション、雑貨店が集結している街として、とても有名になっている。今日も、街は若者が多くて賑やかだ。

その中にあるのが、BOURBON TACOSというメキシコ料理のレストラン(写真Click!)。ぼくはメキシコ料理が好きだけど、高円寺で食べることができるのは、バーボンハウスの系列店だけかな? とにかく、今日は、ここで遅いランチ。

ランチの後、さらにぶらぶらとルック商店街を見てまわる。と、懐かしい「ナショナル」の看板を掲げるお店がまだあった(写真)。まさに昭和そのまま。

松下電気は、Panasonicとなり、国内向けのNationalというブランドも降ろしてしまった。ぼくの年代にとっては、白物家電はNationalブランドのほうが馴染める気がするね。

夕方からは家に戻り、昨日、録画しておいたF1日本グランプリを見る。夜は読書で、のんびりとした一日が終わった。


  
Posted by mojosgy at 23:30 Comments( 3 )TrackBack( 0 )

October 12, 2008

大学祭・DHFes2008・2日目

Click!
朝10時過ぎ、大学のメインキャンパスへ。ちょっと遅れてしまったけれど、さっそく大学祭DHFes2008のイベントのひとつ、「ゆりしーゼミ」に参加。

このイベントに参加するために、朝8時前からダイビルの外に並んでいるファンの方がいたそうな。日本には、人気声優さんがたくさんいらっしゃるけれど「ゆりしー」こと落合祐里香さんも、その一人だ。

DVD映像で、本学の岡本貴也先生が演出をされていて、その縁で、今日は、岡本先生とゆりしーさんの掛け合い。内容は、この「ゆりしーゼミ」の寄せられたたくさんの質問に、2人が答えていくというのがメイン。やりとりが漫談のようで、とても楽しめた(写真Click!)。

今回の大学祭の実行委員長は稲益さん(写真)。今日も、自ら走り回っていた。小さな大学とはいえ、外部との企画がたくさん実行される本学の大学祭では、委員長としての重圧はたいへんなものだろう。

午後からは、アスミック・エース エンタテインメント豊島雅郎社長と映画プロデューサーで本学教員の三木裕明先生が、「制作・宣伝サイドからウケる企画セミナー」をやってくれるとのこと。控え室で挨拶をさせていただいた。

そのほか、この2日間で連休にも関わらず、何人ものコンテンツ業界人が、DHFes2008に講師として参加してくれた。学生たちのために、本当に有り難いことだと思う。

ぼくは、夕方までセカンドキャンパスのオフィスで仕事。夕方6時過ぎに高円寺に戻る。

午後7時、今日は、この夏、高円寺の北側に引っ越してきた川井拓也教授と地元で夕食をしようということになっているのだ。

今日は、まずは高円寺の食の基本中の基本、沖縄料理の「抱瓶」へ。オリオンビールを飲みながら話が弾み、2次会は、仲通りの一番奥の「バーボンハウス」へ。楽しい4時間半だった。

ぼくが、この日、高円寺の大一市場あたりを案内した様子は、すでに川井先生のPod Walker〜耳で見る地図にアップされている。さすがクロスメディアの大家。
  
Posted by mojosgy at 23:30 Comments( 0 )TrackBack( 0 )

October 11, 2008

コンテンツ学会設立

Click!
お昼前、秋葉原メインキャンパスへ。さっそく、今日からの大学祭DHFes2008を見学。

午後1時、メインキャンパスの2階の「秋葉原コンベンションホール 」へ。今日は、ここで、コンテンツ学会設立総会とシンポジウムがあるのだ。

午後1時半から、まずは設立総会。設立総会には多くの発起人の方々が出席してくれた。総会では、まず初代会長に、一橋大学名誉教授の堀部政男先生が選出された。

副会長は、コンテンツという広い世界をカバーする意味で4人を選出。東京大学先端科学技術研究センター教授の玉井克哉先生、慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科教授の中村伊知哉先生、スクウェア・エニックス代表取締役の和田洋一社長、そして、ぼくが選出された。

今回の設立で、数多くの関係者にコンタクトをとり、様々な調整をしていただいた慶應義塾大学デジタルメディア・コンテンツ統合研究機構准教授の金正勲先生(写真)が、事務局長となった。金先生の元、実際の学会運営には、大学院生や学生が、積極的に行っていくというのも、このコンテンツ学会の特徴だ。

設立総会は、20分ほどで終了。シンポジウムが午後3時からだったので、その間、多くの参加者の方々が、7階に上って、大学祭を見学してくれたようだった。

シンポジウム開始時には、300人以上の参加者があり、途中からは立ち見も出るほど。堀部会長の挨拶の後、経済産業省商務情報政策局メディア・コンテンツ課の村上課長課長、総務省情報通信政策局コンテンツ振興課小笠原課長、内閣府、内閣官房知的財産戦略推進事務局の大路内閣参事官、文化庁長官官房著作権課山下課長が、挨拶に立ってくれた。省庁を超えて、大きく広がってきたコンテンツ産業の状況を現していると感じた。

シンポジウムでは、金先生の司会で、中村先生、玉井先生とぼくがパネラー。後半は、参加者からの意見や質問を、どんどん受けた結果、非常に興味ある意見が出てきた。パネラーとまったく異なる考えを持つ方もいたが、それこそ、そのような議論を行う場を提供するのが、学会の役割だと思うのである。

コンテンツ学会
では、48回の設立記念講演シリーズを企画しており、第一弾は10月21日から開始されることになっている。

午後6時、場所を隣のUDXビルの秋葉原フードシアターに移し、設立記念パーティ。ここにも多くの関係者が駆けつけてくれた。午後7時半に中締め。

その後、ぼくは、大学祭に戻って、大学生たちが学祭のために制作した作品を見せてもらったのだった。

ついに、ぼくの念願のひとつでもあったコンテンツ学会が設立した。産学官から、コンテンツに関係するあらゆる専門性を持つ方々に、ぜひ学会に参加していただきたいと思うのである。

そして、いつかコンテンツ学会が、現在の日本建築学会のように現実社会に大きく貢献する活動を続けていく学会となりたいと思っているのである。

  
Posted by mojosgy at 22:30 Comments( 0 )TrackBack( 0 )

October 10, 2008

夜「D-Style」に参加、楽しかった!

Click!
朝、東京本校に寄って、ちょっとスタッフと打ち合わせ。

その後、徒歩で秋葉原のセカンドキャンパスへ移動。普段、まったく運動をしないぼくにとっては、御茶ノ水と秋葉原を徒歩で移動することは重要だ。

午後2時半、オフィスを抜け出して、息子の中学校の三者面談へ。愚息を抱えるぼくとしては、十分に保護者の方々の気持ちもわかるつもりなのだが、もちろん先生方の気持ちも痛いほどわかる。心の置き所が難しい面談であった。

午後4時半にオフィスに戻り、しばらく仕事。午後6時に東京本校1階セミナールームへ。

今日は、主に大学2年生と1年生中心に行われるイベント「D-Style」があるのだ。いつもより、少しおしゃれにというのが、コンセプトになっていて、多くの学生が、それぞれの主張のもとパーティルックになっていた。

今年の「D-Style」の主催者は、2年生の須藤さん(写真)。ステージの上で司会もこなしていた。イベントは、7つの出し物があった。何人もの大学スタッフも見に来ていた。

HIPHOP系のダンスチームもいくつかあり、さすがに今の世代だ。また弾き語りを聴かせてくれたり(写真Click!)、最期にミュージカルがあったりと、けっこう楽しめた。

途中、音響のトラブルがあり、といっても電源が外れただけだったのだが、ぼくがミキシングを手伝ってしまった。さすがにデジタル世代、アナログミキサーのようにたくさんのノブやスライダーがついているものには、弱いようだ。

8時過ぎにイベントは終了。このイベントの影で協力をしていた英語の教員たちも、イベントの盛り上がりに満足だったようだ。ぼくも、学生たちの団結力とか指向性というものを改めて肌で感じる機会となったのだった。

いよいよ明日は、大学祭とコンテンツ学会設立の日。ということで、本日はこれで仕事終了、その後、スタッフと夕食を食べたのであった。
  
Posted by mojosgy at 23:45 Comments( 0 )TrackBack( 0 )

October 09, 2008

岡本貴也先生の新作「斜塔」

Click!
今日は直接、セカンドキャンパスのオフィスへ。メールのやりとりを済ませて、早めにランチへ。

秋葉原の街は、秋晴れという感じ。メインキャンパスのあるダイビルのエントランスあたりから見る街並みは、まったく過去の秋葉原とは違うね(写真Click!)。

午後1時から、メインキャンパスで、「デジタルコンテンツビジネストレンド」の講義。今日は、パソコンの父と呼ばれるアラン・ケイ博士のPersonal Dynamic Mediaという考えから出発して、現代から今後の情報環境についての流れを解説した。

パソコンを産み出したPersonal Dynamic Mediaというこコンセプトを発表したのが1972年、ノーベル賞以外の賞は、ほとんど受賞されたと云われるアラン・ケイ博士に、ノーベル賞をと思っている研究者は、世界にたくさんいる。もちろん、ぼくも前からそう思っている。

その後、メインキャンパス事務室で、岡本貴也先生と雑談。脚本家として活躍している先生の新作は、10月23日から11月2日まで、新国立劇場・小劇場での「斜塔〜シャトウ〜」。先生によると、間違いなく脚本家・演出家としての岡本貴也代表作になるとのこと。ぜひ見に行きたいね。

岡本先生のオフィシャルブログのタイトルが面白くて、「脚本家は、肉が好き。」というもの。最近さらに岡本先生の仕事が世の中に認められてきていて、非常に忙しそうだ。

夕方からは、ずっとオフィスに籠もって、ある調査研究のために文献を探したり読んだり。こういうことをやっていると、すぐに夜になってしまう。

午後11時に切り上げて本日終了。

  
Posted by mojosgy at 23:00 Comments( 0 )TrackBack( 0 )

October 08, 2008

いつものように会議集中の水曜日

Click!
午前8時45分、東京本校へ。9時から経営会議。11時に終了して、そのままボードミーティングとなる。

ランチに、マクドナルドの期間限定品McRIBを試してみる(写真)。肉はポーク、それにBBQソース。この味が決まるまでに、たいへんな試作を繰り返されているのだろうと思うと、たかがファーストフードとは言えないね。

秋葉原セカンドキャンパスのオフィスへ徒歩で移動。午後2時半、メインキャンパスで、大学と大学院でキャラクタービジネスについての講座を持っていただいている島田教授とミーティング。

午後4時からサードキャンパスで、大学マネージャー会議。2時間半、たっぷり話し合い。その後、イレギュラーで、大学のカリキュラム関連のミーティング。午後8時前に終了して、セカンドキャンパスのオフィスに戻る。

夜は、いつものようにオフィスで仕事。学生たちが歌とダンスの練習をしているのが聞こえてくる。ここ2ヶ月ほど続いているのだが、それもすべて今週の金曜日に行われるD-Styleと名付けられた学生たちのイベントのため。

そのひとつのグループの練習を覗いてみた(写真Click!)。ちょっとミュージカル仕掛け。金曜日、午後6時から東京本校1階セミナールームで行われる本番が、とても楽しみになった。

午後10時半に仕事終了。スタッフと夕食を食べて、高円寺に戻った。

デジハリ祭2008プロモーションビデオ、今週末いよいよデジタルハリウッドの大学祭。学生が制作したPV、なかなか良くできている。
  
Posted by mojosgy at 23:59 Comments( 2 )TrackBack( 0 )

October 07, 2008

社員総会

Click!
朝10時過ぎ、御茶ノ水の東京本校へ。3階の本部のぼくのデスクで仕事。昼前にスタバでランチ。

午後1時から、今日は1階セミナールームで定例の社員総会。普段、拠点校、大学、本部など、異なる場所で働いているスタッフたちが、お互いにコミュニケーションをとる場としても機能する(写真Click!)。予定通り、午後4時に終了。

午後5時から、秋本科を卒業した篠山くんとミーティング。青春をいっしょに過ごした友人の長男さんだったので、生まれたときから小学校3年生ぐらいまでは、ときどき会う機会があったのだが、まさか大人になってから、こういう形で再会できるとは思っていなかった。

夕方、デジタルハリウッド設立当初から、システム管理などをやってくれて、今は大学講師をしていただいている尾形薫先生のiPhoneを見せてもらう。ディスプレイ上のJet Graphicsの3Dオリジナルキャラをタッチすると、立体的にどの方向にも回転させることができた(写真)。プログラマーは、こういう遊びをすぐに作れてしまうのが楽しいね。

夜は、オフィスに籠もって11時まで仕事をして本日終了。

デジハリ祭2008プロモーションビデオ

  
Posted by mojosgy at 23:00 Comments( 0 )TrackBack( 0 )

October 06, 2008

iPod touch

Click!
本日は代休。今日は、家で原稿打ちをする予定。

午前中、先週、ぼくの手元にやってきたiPod touchを、いじり始める。後ろ姿のカーブで、とても薄く見える(写真)。

touchも2ndジェネレーションになり、iPhoneの世界と相まって、かなり深い世界がある。とてもじゃないけど、すぐに使いこなせないし、全容も理解できない。少しづつ暇を見つけてやっていこうと思う。

今、新iPod touchは、秋葉原ではほとんど店頭で見られない。旧モデルが値引きされて出ていて、在庫処分を行っている状況だ。ということで、ぼくのtouchは、アップルオンラインストアで購入したものだ。

これまで、ぼくが使ってきたiPodは、第5世代で、iPod with videoと呼ばれているものだ。そのiPodと、まずは、ひとつのMacから、同じ音楽データをiTunesで落として、比較試聴をした。

まったく同じヘッドフォンで聴いて、かなり音質が異なる傾向だ。ハードディスクとフラッシュメモリーの差という部分も少しは影響があるとは思うが、基本、DACの違いやアナログ回路に違いということになるのだろうけど、それより、もともと開発側の音作りのコンセプトが変わってきているのかもしれない。

絶対的な感覚でいえば、まず今回のtouchは、音のアタック感が軽るめで、重低音も高音域も、ナチュラルに伸びているという音質。その音を聴いた後、最初の第5世代iPodを聴くと、重低音が重く、中音域が厚い音。あえていうなら、Pops系ならtouchで、Jazzなら第5世代で聴きたい感じだ。

とは言え、ご存じのように使い勝手は、圧倒的に今回のtouchは優れているし、何よりビデオ再生には、480 × 320ピクセルのディスプレイは、とても良い。

ということで、しばらくは、いろいろ手を出さず、基本の音楽再生、ビデオ再生というところ中心にiPod touchを使ってみたいと思う。

午後3時まで、家の食卓で原稿打ちをしていたのだが、さすがに飽きて、いつものように駅前の上島珈琲店で仕事を続ける。5時半、一段落したので、高円寺の住宅街を散歩。

夕方の住宅街を歩くなんて、久しくなかった(写真Click!)。このシチュエーション、小学生の頃の帰り道を思い出す。もう40年以上前のことだけど、中野とか杉並の住宅街の雰囲気って、その頃とたいして変わらないのだ。
  
Posted by mojosgy at 23:45 Comments( 1 )TrackBack( 0 )

October 05, 2008

本日オフ、ほぼ一日中寝ていた

Click!
午前中、まったく起きることができなかった。まだ体が痛い。

午後1時やっと起きて、散歩ついでに本屋へ。いろいろと本を物色。いつも買っている雑誌を購入して家へ戻る。

すると、また眠気が襲ってきてダウン。やはり先週、風邪を押してスケジュールをこなしたので、体力を失ったようだ。夕方は横になったまま読書。

午後9時、やっと空腹になり、どうしてもさっぱりしていて、ピリッとしたものが食べたくなる。これは、もうベトナム料理だろうということで、今や高円寺の名レストランのひとつ「オーセンティック」へ。

病み上がりなので、ビール一杯だけにしておこうということで選んだのが、ここでしか見たことがないベトナムビールDai Vietの黒(写真)。黒ビールらしい適度な苦み、すっきりした後味。

仕上げに食べた「豚ひき肉のレモングラスそぼろご飯」(写真Click!)は、中塚オーナーシェフが、六本木の有名ベトナム料理店の料理長をしていたとき、1日100皿以上売れた人気メニューとのこと。確かに美味しかった。

この店、パクチー、レモングラス、ミントなどをだいじょうな人には、本当にお奨めだ。

寝る前、録画しておいた「ガンダムOO」のセカンドシリーズの第一話を見る。監督は、前シリーズに引き続き、デジタルハリウッド大学でも特別講義やプロジェクトを指導していただいた水島精二監督だ。

毎週オンエアされていくテレビアニメの監督は、寝る時間がまったく無いほどの作業になるという。ましてや、ガンダムという歴史と幅広いコアファンを持つアニメ。選ばれた監督のみが扱える題材だね。

  
Posted by mojosgy at 23:45 Comments( 2 )TrackBack( 0 )

October 04, 2008

オンラインスクールのイベント

Click!
午後2時に東京本校へ。今日は、これからオンラインスクールのオフラインのイベントデー。

スタッフたちは、朝から8階で、オンラインスクールの紹介ビデオを制作のために、プロの映像制作チームと共に、受講生や講師インタビューなどを行っていた。ぼくも、2時半から、紹介ビデオの最初の挨拶部分の収録。

午後3時、4階セミナールームで、特別講義。今日のタイトルは長くて、「人類社会を新たな文化へ旅立たせる日本のデジタルコンテンツの世界」というもの。

受講生は、わざわざ長崎や長野など、実際にクラスメイトに会おうと、いろいろなところから来てくれていた。オンラインでも全国から40人ほどの人が参加してくれていた。予定通り90分の講義。

4時45分からは、同じセミナールームで、オンラインスクールの「nexus night」。まずは、今日の「nexus night」のためのロゴコンテストの結果発表と表彰式。

グランプリは、福岡から参加の米川竜二さん(写真)。すでに、米川さんのロゴによるTシャツが用意されており、スタッフもぼくもそれを着た。さっそく米川さんにも着ていた。

6時半まで、ワイワイとみんなで盛り上がる。オンラインスクールの中や、デジタルハリウッドのSNSの中では、すでに知り合いの方も、対面は初めてとあって、ネットでの印象と同じだとか、ぜんぜん違うとか、それだけでも会話が弾んでいた(写真Click!)。

午後7時半、5階のオンラインスクールのスタジオにスタッフたちが集まり、反省会。パーティで残ったサンドイッチなどを食べながら、実際に会うことができた受講生たちの話になった。みなさん、積極的で素晴らしい方々だった。

ネットを通じて、コミュニケーションをとっているスタッフたちのモチベーションが、とても上がったようだった。これからも、定例で、「nexus night」をやっていくので、全国のオンラインスクールの方々、次回よろしく!

午後10時過ぎ、スタッフに別れを告げて、本日終了。
  
Posted by mojosgy at 23:30 Comments( 3 )TrackBack( 0 )

October 03, 2008

本日、デジタルハリウッドの創立記念日

Click!
朝、起きてみると、体調は、少し回復傾向。やはり医者からの処方箋でもらう薬は効くね。

さて、今日は、デジタルハリウッド株式会社の設立記念日。1994年10月3日、会社設立までに、広報を開始し、教室や機材を用意していたので、じつは、この日にスクールも開校。そして、最初のクラスが開講。

学校として見れば、今日は、デジタルハリウッドの創立記念日というわけだ。今日から15年目ということで、全スタッフに向けて、メールを打った。

本当に、多くの方々にお世話になったり応援していただいて、これまで歴史を刻んでこれたと思っている。昔、デジタルハリウッドでコース開発や運営をやっていた木村画伯が描いてくれたイラスト(写真)で、ぼくの気持ちを表させていただきたく、「みなさま、これからも、よろしくお願いします。これからも一歩一歩進んでいきます!」

午前中、所用で上野方面へ。昼前に東京本校に着き、しばらくギャラリーで仕事して、アスキー・メディアワークス社へ向かう。アスキー社は、最近、引っ越したということで、今度の場所は、新宿のパークハイヤットホテルから、すぐのところだった。体が硬くなっているので、新宿駅南口から歩いてみた。12分ほどで着いた。

今日は、午後1時から、毎年、審査員をさせてもらっている週刊アスキー主催の「こどもホームページコンテスト」の審査会。2時間弱、審査員の方々といろいろな方向から議論しながら、審査を進めた。

午後3時過ぎ、秋葉原メインキャンパスに戻り、4時から橋本大也先生の紹介で、ある大手商社の方とミーティング。デジタルハリウッド大学には、毎日のように、いろいろな企業の方々から、案件が持ち込まれる。本当に有り難いことだ。

セカンドキャンパスのオフィスへ移動、そのまま通常の仕事。午後8時からメインキャンパスの事務局のテーブルのところで、大学スタッフたちと宅配ピザを囲んで、創立記念日を祝う。みなで記念撮影をしたのであった(写真Click!)。

午後10時、御茶ノ水の東京本校へ。本校スタッフと打ち合わせをして、本日終了としたのであった。
  
Posted by mojosgy at 23:59 Comments( 1 )TrackBack( 0 )

October 02, 2008

株式会社就職課内田社長からのインタビュー

Click!
朝、起きるも、体中が酷く痛い。着替えるも、そのまま横になる。ふと気がつくと、12時を回っていた。すぐに秋葉原メインキャンパスへ。

12時45分にメインキャンパスに着き、午後1時から、「デジタルコンテンツビジネストレンド」の2回目の講義。教壇の席に座って始めたものの、結局、いつものように動き回って講義。講義をしている間は、体の痛みを忘れてしまう。

午後3時、株式会社就職課の内田雅章社長(写真)とスタッフの方々がオフィスを訪ねてきてくれた。内田社長は、同社のサイトでプロフィールを読むと、とても興味深いキャリアの方なので、どんな方だろうと思っていた。

内田さんは、今、学生新聞WEBに力を入れていて、今日はそのサイトのためのインタビューということだった。とても元気な方で楽しく経済界に、広い人脈を作られている感じが、ぼくにも伝わってきた。90分近く、いろいろお話をしたのであった。

その後、メールのやりとりを終え、夕方、メインキャンパスへ。増田宗昭教授の「ベンチャー特論」のクラスをガラス越しに見学(写真)。

TSUTAYAを創業し、カルチュア・コンビニエンス・クラブ代表として、いくつものベンチャーを立ち上げてきた増田教授の講義、じつは多くの若手起業家から、講義に潜らせてくれというリクエストがあるのだ。

ぼくの体調は、さらに悪い状況となり、さすがに今日は、早引きして高円寺に戻ることに。そのまま行きつけの医院に駆け込み診察。たぶん風邪だろうということで、4種類の薬をもらって帰宅。そのまま寝込んだのであった。

  
Posted by mojosgy at 20:30 Comments( 0 )TrackBack( 0 )

October 01, 2008

東京本校で、秋本科生の入学式

Click!
朝8時半、御茶ノ水東京本校へ。9時から定例の経営会議。12時からランチを食べながらボードミーティング。

午後1時、今日は、東京本校の秋本科生の入学式。最初に挨拶をさせてもらう。入学者の方々は、最初少し緊張した雰囲気だった(写真Click!)。

ベテランのCG講師の小倉以索先生は、さっそくミニ講義(写真)。小倉先生は、大学院と大学でも教員をやっている。そのため、5年前に大学のFDで身につけたアクティブラーニングの手法を専門スクールでも使っている。素晴らしいことだ。

その場は、小倉先生に任せて、ぼくは、すぐに秋葉原メインキャンパスへ移動。広報の川村さんと共に、10月11日に設立するコンテンツ学会の事務局をされている慶応大学の金先生と生貝さんと、プレスリリースに関するミーティング。いよいよ、設立が来週に迫ってきた。

午後4時、サードキャンパスで、定例の大学マネージャー会議。6時半までやる。

その後、セカンドキャンパスのオフィスに戻るも、どんどん風邪が酷くなり、背中や手足がズキズキと痛み、さらに頭痛。眼も動かすだけで痛い。かなり症状が悪い感じ。早く帰ろうと思うのだが、動く気がなかなかせず、午後9時まで椅子に座って、PCでメール。 

ということで、本日終了。今日の家路は、とても遠く感じた。
  
Posted by mojosgy at 22:45 Comments( 3 )TrackBack( 0 )