プロフィール
プロフィール
杉山知之
デジタルハリウッド 学長
デジタルハリウッド大学 学長
デジタルハリウッド大学院 学長
工学博士
1954年東京都生まれ。
1979年、日本大学大学院理工学研究科修了後、日本大学理工学部助手。87年より、MITメディア・ラボ客員研究員として3年間活動。90年、国際メディア研究財団・主任研究員、93年、日本大学短期大学部専任講師を経て、94年10月、デジタルハリウッド設立。以来、クリエイターの育成、インターネットビジネスの発展に力を注いでいる。
 デジハリ創立10周年となる2004年、開校当初からの念願であった、デジタルコンテンツ専門の「デジタルハリウッド大学院」を開学。同年11月、IT×英語&留学×クリエイティブを学ぶ「デジタルハリウッド大学」が文部科学省認可。学長に就任。2005年4月開学。2008年10月、「コンテンツ学会」副会長に就任。
【委員】
デジタルラジオ推進協会・番組審議会委員 その他、CG-ARTS協会、デジタルコンテンツ協会などの委員を歴任。
NPO法人 エコロジー・カフェ理事、NPO法人 VIPO(映像産業振興機構)理事。
福岡コンテンツ産業拠点推進会議、マルチメディア放送ビジネスフォーラム、メタバース協会の会長、コンテンツ学会の副会長を務める。
また、毎年、多くのデジタルコンテンツのコンテストの審査員を務めている。
【著書】
「デジタル書斎の知的活用術」(岩波アクティブ新書)
「ポストITは日本が勝つ!」(アスキー出版)
「デジタル・ストリーム・未来のリ・デザイニング」(NTT出版)
「クール・ジャパン 世界が買いたがる日本」(祥伝社)
「クリエイター・スピリットとは何か?」(ちくまプリマー新書)
What's DIGITFUL WORLD
DIGITFUL WORLDとは
DIGITFUL WORLD
音楽がCDになった1982年、人はすべての表現がデジタル化することを進歩とした。 1983年、ファミコンは、コンピュータゲームの飛躍的発展を約束した。 本をCD-ROMしようとしたとき、世界にたくさんのデジタルツールが出現した。 CGは、ビジュアル表現に革命を起こし、映画をアニメを変化させた。 1994年PlayStationは、すべてのゲームを3Dへと導いた。 1995年、インターネットは突如、人々の生活空間とリンクした。
PCのスピードと容量の飛躍的な増大は、写真も映画もあらゆる映像をデジタルで扱うことを当たり前にした。20世紀のメディアの覇者テレビは、それでも最期までアナログだった。しかし2011年、アナログ電波は停止する。人の持つ主要メディアがデジタルになった。これがゴールだったのだろうか?
21世紀、ぼくたちは街で生活をする。デジタル情報はぼくの目には見えない。飛び交うケータイのデジタル情報、GPS信号、商品につけられた電子タグ、街はデジタルで溢れている。その中をぼくは歩く。無数の監視カメラがぼくを捉え、デジタル映像として、ハードディスクに書き込んでいく。一度システムがスタートしてしまえば、人が関わらずともデジタル化は進む。
主要なメディアがデジタルとなり、人の動きもモノの動きもデジタル化できた。しかし、みんなバラバラで、繋がっていない。デジタル化することがゴールじゃない! デジタル化されたからこそ、すべてを有機的にリンクすることが始められるのだ!デジタルコミュニケーションが爆発する世界が見えている。
そう、この世界を、ぼくは、「DIGITFUL WORLD」と呼びたい!今、やっとスタート地点に近づいている。デジタルが本当に人類に役に立つのは、これからなのだ。
DIGITFUL WORLDは、
knowledgeful, useful, wonderful, beautiful, powerful,
そしてsoulful!
知恵を出すときだ!
より良い人類として地球に存在するために!
DIGITAL HOLLYWOOD
デジタルハリウッド
デジタルハリウッド
日本初の産学協同クリエイター養成スクール。つねに最新の産業界のニーズをキャッチし、カリキュラムに反映。現在、卒業生は4万人以上。ゲーム、映画、CG映像、WEBデザイン、ネットビジネスなど様々なコンテンツ産業で働くデジタルクリエイターを数多く輩出しています。
デジタルハリウッド
デジタルハリウッド大学
IT×英語&留学×クリエイティブを徹底習得。Web、TV、ゲーム、アニメ、映画、出版、音楽、ラジオの業界で国際的に活躍する人材育成を目指す4年制大学。2005年4月開学。
デジタルハリウッド大学
デジタルハリウッド大学院
業界が生み出す日本唯一のデジタルコンテンツの最高学府となる専門職大学院として、2004年4月に開学。ITとコンテンツの融合が進む、ブロードバンド・ユビキタス社会において、グローバルなフィールドで真価を発揮できる人材育成を主眼としています。
デジタルハリウッド大学院
デジハリ・オンラインスクール(通信講座)
「デジハリ・オンラインスクール」は、グラフィック・DTP・Webデザインを学習いただけるeラーニング/通信講座をご提供しています。スクールに通うことなくインターネットを通じて、教室の授業を自宅で受講!好きな場所から臨場感たっぷりの授業をリアルタイムに受講することができます。
オンラインスクール(通信講座)

March 09, 2005

SHUREのイヤーフォン

Click!
本日は、お昼から夜まで、ずっと内部会議(写真)なので、iPodネタ。

最近、iPod用にSHUREのイヤーフォンを使っている。ぼくのような長年のロック人間にとっては、SHUREは、プロ用の音響機器メーカーとして、とても馴染みがある。とくにSM58というボーカル用マイクロホンは、世界でも最もステージで使われてきたマイクロホンではないだろうか? 

四半世紀前までぐらいは、ステージといえば、マイクロホンスタンドにマイクが付いていて、自分の声や楽器の音は、目の前に斜め上に向けられたモニター用スピーカーから聴いて、歌っていたわけだ。

それが、いつごろからか、ステージは、ボーカルや演奏者が走り回る場になってしまった。それに連れ、過酷なプロの要求に耐えるワイヤレスマイクロホンが、どんどん開発されていった。そして、その波は、モニタースピーカーにもおよび、イヤーフォンによるモニターという要求が生まれた。

その要求に答えて、SHURE社もステージモニター用イヤーフォンを開発するようになったのだ。ステージ上の音をそのまま聴いたら、物凄く大きな音で、自分が歌っても、その声がかき消されて聞えないのである。だから音を外したり、リズムからずれたりするのである。そのような環境下でも、モニター音がクリアに聴こえることを前提で、SHUREのSound Isolating Earphonesが開発されていった。

そこにiPodが大ヒットになり、多くのプロミュージシャンもiPodを利用。付属のイヤーフォンの音質への不満や、移動中の飛行機内での使用などで、ステージ上での使用を想定されたSHURE社のイヤーフォンが素晴らしいパフォーマンスを出すことがわかった。そんな流れが、一般のコンシューマーに飛び火して、SHURE社は、創業始まって以来のセールスとなり、株価も高騰したとのこと。面白いね。

さて、前置きが長くなったけど、SHUREのイヤーフォンを使いこなすのに、とても重要なのが、実際に耳道に入れる部分となるスリーブだ。このスリーブ、製品を買うといろいろな種類が付属してくる(写真Click!)。単にサイズだけの問題でなく材質が違うのである。どれを使うと良いかについては、様々なレポートが、すでにいろいろな方のblogに挙がっている。

実際に、ぼくも、すべてについて、かなり詳細に試聴を行った。まず大前提として、SHUREの場合、耳道に完全にフィットして、隙間が無いようにしないと、低音部の音圧が足りなくなりバランスが取れない。そこで自分の耳道サイズに合わせたスリーブは選ばないと話が始まらない。

さらに、スリーブの材質で、こんなに変わるのかと思うぐらい音質が変わる。耳の形は、本当にひとりひとり異なるので、変化要因はいろいろある。そこで、どれが良いとは明確にお勧めできないが、とにかく静かな環境の中で、自分のもっとも聞き込んでいる音源を用意して、聞き比べてみられることをお勧めする。

もちろん、iPodが持つ音質とのマッチングも重要なので、iPodで聴くことが良い。オーディオファンであれば、音源のフォーマットもAACエンコードだけでなく、Appleロスレスエンコードでも聴くことをお勧めする。

ぼくの場合、灰色のultra-soft flex sleevesの音質が好きになった。しかし、耳につけているときの安定感は、自在に変形する黄色のdisposable foam sleevesが好きになった。ただし、この黄色のフォームは基本、消耗品なので、SoundHouseの通信販売で、10セットを買い足した。

実際、自分に合ったスリーブを選び、正しくヘッドフォンを耳に装着すると、かなり遮音性が高い。外に漏れる音も極めて小さいので、電車内でiPodを聴くときなど、これまでのヘッドフォンにはない良さがある。SHUREのイヤーフォンは、国内では店頭で置いていないところが多いので、ご興味ある方は、いろいろサイトをブラウジングされて、情報を集められると良いかもしれない。

さて、いよいよ明日の24時が、映像産業振興機構のロゴ・コンテストの締め切りだ。みなさま、よろしく!




この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック
最近、iPodを使っているんですが、付属のショボいイヤホンを早く換えたいんですよ...
インナーイヤーヘッドフォン 【 maharada.com_Blog 】at March 09, 2005 23:36
この記事へのコメント
very interesting! i liked it! i want to achieve it by not dying!: http://www.aphids.com/cgi-bin/quotes.pl?act=ShowListingsForSub , <a href="http://news.linux.com/news/05/10/10/0213220.shtml?tid=96">linux pioneer wins</a>
Posted by paul ballard at October 14, 2005 21:38