プロフィール
プロフィール
杉山知之
デジタルハリウッド 学長
デジタルハリウッド大学 学長
デジタルハリウッド大学院 学長
工学博士
1954年東京都生まれ。
1979年、日本大学大学院理工学研究科修了後、日本大学理工学部助手。87年より、MITメディア・ラボ客員研究員として3年間活動。90年、国際メディア研究財団・主任研究員、93年、日本大学短期大学部専任講師を経て、94年10月、デジタルハリウッド設立。以来、クリエイターの育成、インターネットビジネスの発展に力を注いでいる。
 デジハリ創立10周年となる2004年、開校当初からの念願であった、デジタルコンテンツ専門の「デジタルハリウッド大学院」を開学。同年11月、IT×英語&留学×クリエイティブを学ぶ「デジタルハリウッド大学」が文部科学省認可。学長に就任。2005年4月開学。2008年10月、「コンテンツ学会」副会長に就任。
【委員】
デジタルラジオ推進協会・番組審議会委員 その他、CG-ARTS協会、デジタルコンテンツ協会などの委員を歴任。
NPO法人 エコロジー・カフェ理事、NPO法人 VIPO(映像産業振興機構)理事。
福岡コンテンツ産業拠点推進会議、マルチメディア放送ビジネスフォーラム、メタバース協会の会長、コンテンツ学会の副会長を務める。
また、毎年、多くのデジタルコンテンツのコンテストの審査員を務めている。
【著書】
「デジタル書斎の知的活用術」(岩波アクティブ新書)
「ポストITは日本が勝つ!」(アスキー出版)
「デジタル・ストリーム・未来のリ・デザイニング」(NTT出版)
「クール・ジャパン 世界が買いたがる日本」(祥伝社)
「クリエイター・スピリットとは何か?」(ちくまプリマー新書)
What's DIGITFUL WORLD
DIGITFUL WORLDとは
DIGITFUL WORLD
音楽がCDになった1982年、人はすべての表現がデジタル化することを進歩とした。 1983年、ファミコンは、コンピュータゲームの飛躍的発展を約束した。 本をCD-ROMしようとしたとき、世界にたくさんのデジタルツールが出現した。 CGは、ビジュアル表現に革命を起こし、映画をアニメを変化させた。 1994年PlayStationは、すべてのゲームを3Dへと導いた。 1995年、インターネットは突如、人々の生活空間とリンクした。
PCのスピードと容量の飛躍的な増大は、写真も映画もあらゆる映像をデジタルで扱うことを当たり前にした。20世紀のメディアの覇者テレビは、それでも最期までアナログだった。しかし2011年、アナログ電波は停止する。人の持つ主要メディアがデジタルになった。これがゴールだったのだろうか?
21世紀、ぼくたちは街で生活をする。デジタル情報はぼくの目には見えない。飛び交うケータイのデジタル情報、GPS信号、商品につけられた電子タグ、街はデジタルで溢れている。その中をぼくは歩く。無数の監視カメラがぼくを捉え、デジタル映像として、ハードディスクに書き込んでいく。一度システムがスタートしてしまえば、人が関わらずともデジタル化は進む。
主要なメディアがデジタルとなり、人の動きもモノの動きもデジタル化できた。しかし、みんなバラバラで、繋がっていない。デジタル化することがゴールじゃない! デジタル化されたからこそ、すべてを有機的にリンクすることが始められるのだ!デジタルコミュニケーションが爆発する世界が見えている。
そう、この世界を、ぼくは、「DIGITFUL WORLD」と呼びたい!今、やっとスタート地点に近づいている。デジタルが本当に人類に役に立つのは、これからなのだ。
DIGITFUL WORLDは、
knowledgeful, useful, wonderful, beautiful, powerful,
そしてsoulful!
知恵を出すときだ!
より良い人類として地球に存在するために!
DIGITAL HOLLYWOOD
デジタルハリウッド
デジタルハリウッド
日本初の産学協同クリエイター養成スクール。つねに最新の産業界のニーズをキャッチし、カリキュラムに反映。現在、卒業生は4万人以上。ゲーム、映画、CG映像、WEBデザイン、ネットビジネスなど様々なコンテンツ産業で働くデジタルクリエイターを数多く輩出しています。
デジタルハリウッド
デジタルハリウッド大学
IT×英語&留学×クリエイティブを徹底習得。Web、TV、ゲーム、アニメ、映画、出版、音楽、ラジオの業界で国際的に活躍する人材育成を目指す4年制大学。2005年4月開学。
デジタルハリウッド大学
デジタルハリウッド大学院
業界が生み出す日本唯一のデジタルコンテンツの最高学府となる専門職大学院として、2004年4月に開学。ITとコンテンツの融合が進む、ブロードバンド・ユビキタス社会において、グローバルなフィールドで真価を発揮できる人材育成を主眼としています。
デジタルハリウッド大学院
デジハリ・オンラインスクール(通信講座)
「デジハリ・オンラインスクール」は、グラフィック・DTP・Webデザインを学習いただけるeラーニング/通信講座をご提供しています。スクールに通うことなくインターネットを通じて、教室の授業を自宅で受講!好きな場所から臨場感たっぷりの授業をリアルタイムに受講することができます。
オンラインスクール(通信講座)

February 07, 2005

「面接の人達 2006」の打ち上げへ

Click!
メリハリ無く、毎日、仕事をしているけれど、月曜日は、なぜか新鮮な気分になる。不思議だ。

午前11時、ぼくが最も尊敬している先生のひとりである東大名誉教授の月尾嘉男先生が、TVディレクターの方といっしょにミーティングのために、校長室にいらした。先生の「月尾嘉男の洞窟」というサイトを札幌校の卒業生がやっていることもあって、デジハリに親近感をいただいていただいているようで、有難いことである。

月尾先生は、日本でのCGやVR研究の開祖でもあるだけでなく、細かい研究領域を超えた大きな視点を常にもっていらっしゃる。去年、手漕ぎカヌーで、荒海で有名なケープホーン岬を回られたことでも世間を驚かした方だ。とくに著書「縮小文明の展望」を読むと、そこに挙げられている詳細なデータから、地球で人類社会というものを存在させるために、何らかの手を打てる時間が、ほとんど残されていないことを思い知ることができる。

時間を無駄にされない方なので、あっという間にミーティングは終わって、風のように去っていかれた。このスピード感を常にキープしているからこど、ずっと一流なのだなと感じた。

お昼から、静岡県の方々とミーティング。静岡では、ここ3年、ホームページグランプリを行ってきたが、今年からは、異なる形で進めていきたいということに関するミーティングだった。

午後1時すぎにミーティングが終わって、そのまま、いろいろ準備をして、茗荷谷にある筑波大学・大学研究センターへ。今日は、ここで催されている「大学事務職員の能力開発のための試行プログラム」で講師をさせていただくのだ。ぼくは、「株式会社による大学経営」という題目で、デジハリの活動について報告させていただいた。45人ほどの参加者のほとんどの方が、国立大学の事務方の課長や係長の方達。株式会社の学校はサービス業でもあるという発想にかなり違和感があったのではないだろうか? しかし、こういう勉強会にぼくが呼ばれること自体、変化は押し寄せているということだね。

じつは、風邪は、まだ酷くて、薬で抑えながらの仕事。体が痛い。夕方、東京校に戻り、あるコンテストへデジタルハリウッドから賞を出すということで、その審査のため、28の映像作品を鑑賞。他のコンテストで入賞している作品も多く、レベルがたいへん高いものだった。

午後9時、ぼくの感覚では、早退。しかし、そのまま家に戻らずに、中野でやっている「面接の人たち 2006」の打ち上げに合流。この土日は、毎回100人を越えて、立ち見も出るぐらいの方々に、見ていただけたとのことで、打ち上げ現場は、もの凄く盛り上がっていた(写真Click!)。役者さんやスタッフが方々への感謝の言葉を述べさせていただいて、みんなで乾杯をしたのであった。ぼくは、ウーロン茶だったけどね。

今回、演出家ではなく、総合プロデューサーという立場で仕事をしたという岡本貴也さん(写真)は、演劇の制作を初めて行った院生たちの頑張りについては、非常に高く評価していただいた。岡本さんは、デジタルハリウッド大学で、教鞭をとることになっており、今から「演劇部の顧問」になると宣言していただいた。デジタルハリウッド大学へ入学される方、ぜひ、熱い心を持つ岡本先生を顧問に演劇部を創設されたら、いかがだろうか。

午後11時すぎに、そっと抜けたのであった。きっと、みんな朝まで飲むのだろう!



この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック
フリーダイヤルから着信があったのでコールバックしました。 『はい、デジハリうんたらかんたらです!』 ん?でじはり?アダルトサイト?さっき電話あったんですけど…と言うと、、、 『はい、資料請求されたかたに受講説明会の案内お電話をしております』 あ、そっか。
デジハリ!? 【 黒板の落書き「HB25」 】at February 09, 2005 00:36
この記事へのコメント
演劇公演『面接の人達 2006』では、杉山学長先生、岡本先生、デジハリ・デジハリ大学院関係者の皆様に大変お世話になりました。

大盛況のお客様にも面白かったと喜んで頂き、涙モノでした。

演劇部、デジハリ大学院にもお願いします!
……ん? 部活については、大学と大学院を分けない方が小粒にならずに良いのでは。
Posted by みつだりきや at February 09, 2005 09:22
岡本貴也さんって、昔、久世塾という脚本家講座にいらっしゃったと思うのですが…。私は初心者コースでしたが、岡本さん上級者コースで、しかも最後に入賞されてました。その当時から面白い筋書きで、こういう人がプロになるんだろうな、と思ったものです。

ご活躍をまたこういう場所で拝見できるなんて、と感慨深げに読ませていただきました。
Posted by 箕浦ゆかり at February 14, 2005 11:23