プロフィール
プロフィール
杉山知之
デジタルハリウッド 学長
デジタルハリウッド大学 学長
デジタルハリウッド大学院 学長
工学博士
1954年東京都生まれ。
1979年、日本大学大学院理工学研究科修了後、日本大学理工学部助手。87年より、MITメディア・ラボ客員研究員として3年間活動。90年、国際メディア研究財団・主任研究員、93年、日本大学短期大学部専任講師を経て、94年10月、デジタルハリウッド設立。以来、クリエイターの育成、インターネットビジネスの発展に力を注いでいる。
 デジハリ創立10周年となる2004年、開校当初からの念願であった、デジタルコンテンツ専門の「デジタルハリウッド大学院」を開学。同年11月、IT×英語&留学×クリエイティブを学ぶ「デジタルハリウッド大学」が文部科学省認可。学長に就任。2005年4月開学。2008年10月、「コンテンツ学会」副会長に就任。
【委員】
デジタルラジオ推進協会・番組審議会委員 その他、CG-ARTS協会、デジタルコンテンツ協会などの委員を歴任。
NPO法人 エコロジー・カフェ理事、NPO法人 VIPO(映像産業振興機構)理事。
福岡コンテンツ産業拠点推進会議、マルチメディア放送ビジネスフォーラム、メタバース協会の会長、コンテンツ学会の副会長を務める。
また、毎年、多くのデジタルコンテンツのコンテストの審査員を務めている。
【著書】
「デジタル書斎の知的活用術」(岩波アクティブ新書)
「ポストITは日本が勝つ!」(アスキー出版)
「デジタル・ストリーム・未来のリ・デザイニング」(NTT出版)
「クール・ジャパン 世界が買いたがる日本」(祥伝社)
「クリエイター・スピリットとは何か?」(ちくまプリマー新書)
What's DIGITFUL WORLD
DIGITFUL WORLDとは
DIGITFUL WORLD
音楽がCDになった1982年、人はすべての表現がデジタル化することを進歩とした。 1983年、ファミコンは、コンピュータゲームの飛躍的発展を約束した。 本をCD-ROMしようとしたとき、世界にたくさんのデジタルツールが出現した。 CGは、ビジュアル表現に革命を起こし、映画をアニメを変化させた。 1994年PlayStationは、すべてのゲームを3Dへと導いた。 1995年、インターネットは突如、人々の生活空間とリンクした。
PCのスピードと容量の飛躍的な増大は、写真も映画もあらゆる映像をデジタルで扱うことを当たり前にした。20世紀のメディアの覇者テレビは、それでも最期までアナログだった。しかし2011年、アナログ電波は停止する。人の持つ主要メディアがデジタルになった。これがゴールだったのだろうか?
21世紀、ぼくたちは街で生活をする。デジタル情報はぼくの目には見えない。飛び交うケータイのデジタル情報、GPS信号、商品につけられた電子タグ、街はデジタルで溢れている。その中をぼくは歩く。無数の監視カメラがぼくを捉え、デジタル映像として、ハードディスクに書き込んでいく。一度システムがスタートしてしまえば、人が関わらずともデジタル化は進む。
主要なメディアがデジタルとなり、人の動きもモノの動きもデジタル化できた。しかし、みんなバラバラで、繋がっていない。デジタル化することがゴールじゃない! デジタル化されたからこそ、すべてを有機的にリンクすることが始められるのだ!デジタルコミュニケーションが爆発する世界が見えている。
そう、この世界を、ぼくは、「DIGITFUL WORLD」と呼びたい!今、やっとスタート地点に近づいている。デジタルが本当に人類に役に立つのは、これからなのだ。
DIGITFUL WORLDは、
knowledgeful, useful, wonderful, beautiful, powerful,
そしてsoulful!
知恵を出すときだ!
より良い人類として地球に存在するために!
DIGITAL HOLLYWOOD
デジタルハリウッド
デジタルハリウッド
日本初の産学協同クリエイター養成スクール。つねに最新の産業界のニーズをキャッチし、カリキュラムに反映。現在、卒業生は4万人以上。ゲーム、映画、CG映像、WEBデザイン、ネットビジネスなど様々なコンテンツ産業で働くデジタルクリエイターを数多く輩出しています。
デジタルハリウッド
デジタルハリウッド大学
IT×英語&留学×クリエイティブを徹底習得。Web、TV、ゲーム、アニメ、映画、出版、音楽、ラジオの業界で国際的に活躍する人材育成を目指す4年制大学。2005年4月開学。
デジタルハリウッド大学
デジタルハリウッド大学院
業界が生み出す日本唯一のデジタルコンテンツの最高学府となる専門職大学院として、2004年4月に開学。ITとコンテンツの融合が進む、ブロードバンド・ユビキタス社会において、グローバルなフィールドで真価を発揮できる人材育成を主眼としています。
デジタルハリウッド大学院
デジハリ・オンラインスクール(通信講座)
「デジハリ・オンラインスクール」は、グラフィック・DTP・Webデザインを学習いただけるeラーニング/通信講座をご提供しています。スクールに通うことなくインターネットを通じて、教室の授業を自宅で受講!好きな場所から臨場感たっぷりの授業をリアルタイムに受講することができます。
オンラインスクール(通信講座)

December 02, 2004

立体EXPOへ

Click!
今日はオフにしてもらって、充電の日にする。午前9時、新宿湘南ラインで横浜へ。そこから、みなとみらい線で、みなとみらい駅へ。実は駅講内が、Queen's Square Yokohamaの真下。上に上がって、人工地盤レベルを300mほど歩けば、目的地、横浜パシフィコに着く。ほんと便利になった。

10時の会場と共に、さっそく'04 国際画像機器展へ入場。お目当ては、同時に開催されている世界初という冠が着いている立体Expo(立体映像産業展2004)である。

VRコンテンツ開発会社として歴史を持つソリッドレイ研究所が縦2.5m横5mのスクリーンを使う立体視VRは、いつものことながら、良く出来ていた。スクリーンが床から立ち上がっているので、スクリーンから1.5mほど離れたところに立って、前方を見ると、非常に広い視野角が得られるので、ある空間を窓から覗いているという感覚ではなく、実際にその場に自分が立っているような素晴らしい没入感が得られる。

ビジュアルウェア社のモバイル機器対応で開発されたアイウェアは、視度調整も左右別に簡単できるし、顔に付けても気にならないぐらい軽く仕上がっていて、一般コンシューマー用の製品として見て、かなりイイ線だと思った。これまで、ヘッドマウントディスプレイ系の製品は、どうしても、この道のプロのためという製品という領域から出られないものなのだ。

とくにケータイ電話に繋げて使うタイプは、将来性を感じた(写真Click!)。説明によれば、来年になれば、立体視用コンテンツを、ダウンロードして、見ることができるようになるということだった。ちょっと、通勤電車の中で、みんながアイウェアを付けて、それぞれに映像コンテンツを楽しんでいる姿を思い浮かべてしまった。外から少し不気味な光景かもしれないけど、アイウェアを楽しんでいる人の前には、大きなディスプレイが浮かんで見えることになるわけだ。

いろいろなブースをゆっくり見た後、同時開催の映像機器展を見て回る。ぼくにとっては、ファクトリーオートメーション用の様々な画像処理システムが、新鮮だった。高解像度のCCDカメラを上手に利用しているシステムが多かった。

午後2時から東京へ移動。午後3時45分から、六本木ヒルズの映画館で「ハウルの動く城」を見る。宮崎監督のこれまでの作品の中から、いろいろなキャラクターやモノが、集まって物語の重要な要素になっているという印象。ぼくは十分に楽しめたし、心も動かされた。内容としては、40歳以上の女性が、もっとも感情移入できる話かなとも感じた。みなさんは、どう感じられただろうか? 

夜、そのまま原宿のFONDA DE LA MADRUGADAで、マリアッチを生で聴きながら、久し振りにタコスやエンチラーダを堪能。どうしても辛いものが好きなのである。ということで、技術的にも文化的にも、充電ができた1日を過ごせたのであった。



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/mojosgy/10159832